日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!  > “三大筋肉”を目覚めさせる「体幹エクササイズ」【肩甲骨ウォームアップ】  > 2ページ
印刷

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

“三大筋肉”を目覚めさせる「体幹エクササイズ」【肩甲骨ウォームアップ】

ウォーキングの腕振りが快適に

 高島三幸=ライター

動かしにくい人は指先を肩に置く

 このエクササイズでよくあるNGの例は、肩甲骨を回す時に肩が上がってしまうことだ(写真5)。こうなると力が入り過ぎて肩甲骨が動きにくくなるので注意したい。また、「猫背の場合や、肩や肩甲骨の周辺の筋肉や関節が硬い人は、肩甲骨周辺をうまく回すことができず、腕が上半身の前にきて回してしまいがち」と金さん(写真6)。これでは肩甲骨の周囲を動すことができず、効果がない。エクササイズは背筋を伸ばして行うように注意しよう。

写真5◎ 肩が上がってしまった悪い例
力が入って肩甲骨が動きにくくなるので注意したい。
[画像のクリックで拡大表示]
写真6◎ 猫背で行っている悪い例
これも肩甲骨の可動域を狭めてしまい、十分なエクササイズにならない。
[画像のクリックで拡大表示]

 肩甲骨周囲を大きく動かせなかったり、痛みがある人は、指先を肩に置いて、肘で前から後ろに大きな円を描くように10回動かしてみよう(写真7、8)。「これは肩が上がらないようにする効果もある」と金さん。肘を上から下ろす時に、後ろ向きに大きく動かすように意識すれば、肩甲骨がしっかりと動く。反動をつけずにゆっくりと丁寧に行うことがポイントだ。

写真7、8◎ 肩甲骨が動きにくい人にお勧めのエクササイズ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
指先を肩に置いて、肘で前から後ろに大きな円を描くように10回動かす。肘を上から下ろす時に、後ろ向きに大きく動かすよう意識しよう。

 この方法で毎日繰り返し、肩甲骨周辺が軟らかくなってきたら、通常の肩甲骨のウォームアップを試してみよう。

 次回以降は、腹筋や臀部が鍛えられるウォームアップを紹介します。

(写真:竹井俊晴)

金哲彦(きん てつひこ)さん
プロ・ランニングコーチ
金哲彦(きん てつひこ)さん 1964年生まれ。早稲田大学在籍時に箱根駅伝で4年連続で山登りコースの5区を担当し、区間賞を2度獲得した。現在は、五輪出場選手向けのランニング指導から、一般向けのウォーキング指導まで、幅広い層に向けたコーチングを行っている。駅伝やマラソンの解説者としても活躍している。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.