日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!  > こんな歩き方になっていませんか?
印刷

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

こんな歩き方になっていませんか?

体幹を使えているかどうかは歩き方で分かる

 高島三幸=ライター

誰でも気軽にできる運動として人気のあるウォーキング。心肺機能や脚の筋力が向上したり、ストレスが解消されて気持ちが前向きになったりといった効果が知られている。このコラムでは、ウォーキング指導で定評のある金哲彦氏の監修で、肩甲骨や骨盤を有効に使う“体幹ウォーキング”のメソッドを紹介する。そのスピードを上げやすく、疲れにくい歩き方をマスターして、10歳若返った体を取り戻そう。

 せり出したお腹でベルトが弾けそうになりながら大汗をかいて歩いていたり、首も背中も曲がったままでパソコンやスマートフォンを操作していたり…。そんなビジネスパーソンの姿を見て、「若々しい」「さわやか」「仕事ができそう」という印象はなかなか持ちにくい。体型や姿勢は、その人の“見た目”を決める大事なポイントだ。

 いつも若々しく、見た目がよくなる体型や姿勢づくりで有効なのが、体幹(胴体部分)をしっかり使って歩く「体幹ウォーキング」。ウォーキングといえば、60、70代以上のシニアが行う運動だと思っていた人も多いだろう。だが、プロ・ランニングコーチの金哲彦さんによれば、背骨が曲がりきらない年代から、正しい歩き方を身につけることが重要だという。

ランニングだとすぐ膝や腰を痛めてしまうという人にお薦め

 「正しいフォームで30分から1時間ほど歩く習慣を身につければ、お腹周りはすっきりし、美しい姿勢でさっそうとかっこよく歩けるようになるので、だんだん楽しくなってきます。また、体幹を使ったウォーキングは着地の衝撃を緩和し、体への負担が少ない効率的なフォームをとるので、長時間、歩いても疲れにくい体になる。体のゆがみも少しずつ改善され、肩こりなどの悩みが軽減されるはずです。何よりも軽く汗をかけば、お酒もご飯もおいしくなり、いいことづくしです」。また、ランニングだとすぐ膝や腰を痛めてしまうという人にも、この体幹ウォーキングは有効だと話す。

写真1・2◎ 体幹は着地の衝撃を和らげてくれる
(1)体幹を使いにくい姿勢
(2)体幹を有効に使える姿勢
(1)手を前に組んでかかとを上げ下げすると、着地の衝撃を大きく感じる。これは体幹を使いにくい姿勢のためだ。 (2)手を後ろに組んでかかとを上げ下げすると、着地の衝撃をあまり感じない。これは体幹を有効に使える姿勢のため。

 そこで、このコラムでは、体への負担が少なく、若々しい体をつくるフォームやペースの作り方、体のメンテナンス、楽しく続けるコツなど、ウォーキングのすべてを丁寧に解説する。第1回は、自分の体幹の強さや、歩き方などの現状を知る方法を紹介しよう。

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.