日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!  > 「スピードウォーキング」で俊敏性と心肺機能を高める
印刷

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

「スピードウォーキング」で俊敏性と心肺機能を高める

最終回 まずは「1分間120歩」で「30分間」を目指す

 高島三幸=ライター

歩くだけで若々しい姿が手に入る「体幹ウォーキング」もいよいよ最終回。集大成となる今回は、“日常筋トレ”シリーズの第4弾「スピードウォーク」を紹介していこう。ピッチを上げて速く歩けば、筋肉の俊敏性を取り戻し、心肺機能もアップできる。

 2014年10月から紹介してきた「体幹ウォーキング」も、今回でいよいよ最終回を迎える。プロランニングコーチの金哲彦さんから、「体幹を使って歩くことの重要性」を解説してもらいながら、それが「若々しい体」を保ち続ける最も身近で簡単な方法であることを学んできた。

「歩くスピードを上げようとするほど、フォームが崩れてしまいます。腕を後ろにしっかり引くこと、骨盤を回旋させることを、しっかり意識しておきましょう」
[画像のクリックで拡大表示]

 この連載を通じて「体幹ウォーキング」を実践してくれた読者の中には、「体が引き締まった」「疲れにくくなった」「姿勢が整ってきた」といった体の変化を、何かしら実感しているはずだ。そこで今回は、総仕上げとなるトレーニング法「スピードウォーキング」を紹介しよう。

 前回紹介した「LSD(ロング・スロー・ディスタンス)」(『「太りにくい体」になりたいなら、ゆっくり長く歩く!』)は、ゆっくりと長時間かけて歩き続けることで、「遅筋」を鍛え、持久力を上げることが目的だった。対して、「スピードウォーキング」は、年齢とともに鈍ってくる筋肉の「俊敏性」や、「心肺機能」を高める効果が期待できる。負荷は少しかかるが、体幹ウォーキングの集大成としてしっかりマスターし、ぜひ普段の歩き方や練習のバリエーションに取り入れてほしい。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.