肘を軽く曲げて、後ろに素早く突き上げるようにして歩く。腕の振り幅が小さくなるぶん、ウォーキングのピッチも自然と速くなる。

記事に戻る