日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!  > 「太りにくい体」になりたいなら、ゆっくり長く歩く!  > 3ページ
印刷

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

「太りにくい体」になりたいなら、ゆっくり長く歩く!

LSDトレーニングで「遅筋」を鍛える

 高島三幸=ライター

「できれば1時間半から2時間を目安に歩く」

 LSDの特長は、スピードを上げて歩き続けるときよりも、体の隅々まで意識が届きやすくなることにもある。肩甲骨や骨盤、重心移動といった体幹ウォーキングの基本で学んだ体の使い方やフォームなどを、自分の体とじっくり対話するようにチェックできる。

 「長い時間歩き続けると疲労が少しずつ蓄積されるため、『腕振り』や『骨盤』の動きがだんだん小さくなり、フォームが崩れてしまいがちです。崩れてきたなと感じたら、『もう少しがんばって肩甲骨や骨盤をもっと動かそう』などと意識するだけでも筋肉は鍛えられ、運動効果が高められます」(金さん)

「長い距離をゆっくり歩き続けていると、うつむく、腕を使わないといった歩き癖がでてきます。これは体幹の力が抜けている証拠で、遅筋もしっかり刺激できません」
[画像のクリックで拡大表示]

 では、実際にどのようなペースでどれほどの距離を歩けばいいのか。

 「できれば1時間半から2時間を目安に歩いてほしい。ペースは人それぞれで構いませんが、人と会話できるぐらいのリラックスできるスピードでいいと思います。もちろん、最初から無理はせず、少しずつ歩く時間を伸ばしていけばいい。ただしLSDは『休み休み歩く』のではなく、『休憩を入れずに連続して歩く』ことをお勧めします。ちなみに、歩き始めて15~20分ぐらいで脂肪の燃焼が高まると考えられています」と金さんはアドバイスする。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.