日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!  > 筋トレ効果大! 体幹フル稼働させる「坂道」ウォーキング
印刷

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

筋トレ効果大! 体幹フル稼働させる「坂道」ウォーキング

歩幅を狭めて上体を真っすぐにして歩き続ける

 高島三幸=ライター

歩くだけでシェイプアップ効果が期待でき、若々しい姿が手に入る「体幹ウォーキング」。前回はプロ・ランニングコーチの金哲彦さんから、筋トレにつながる階段を使った体幹ウォーキングのメソッドを教わった。今回はその“日常筋トレ”シリーズの第2弾「坂道ウォーキング」について学んでいこう。

 桜の開花も近づき、ウォーキングをするには気持ちがいい季節が巡ってきた。春のぽかぽかした日差しを浴びながら、思わずいつもより長く歩いてしまったという読者もいるのではないだろうか。気温の上昇とともに体がよく動くようになり、「体幹ウォーキング」を習慣化するには絶好の季節だ。

「体幹ウォーキングを生活の中でどんどん取り入れていきましょう。特に坂道は絶好のトレーニングスポットになります」
[画像のクリックで拡大表示]

 前回(「階段を使えば体幹ウォーキングは“筋トレ”になる!」)は、普段の生活の中で “日常筋トレ”を兼ねられる、体幹ウォーキングの具体的な練習方法を紹介した。その第2弾は「坂道」を使ったメソッドだ。

 まず、通勤途中など生活圏内に坂道がある人は「ラッキー!」だと思ってほしい。

 これまで少しばかり苦痛だと思っていた坂道が、体幹ウォーキングを取り入れて上り下りするだけで、ダイエット効果や若々しい体を手に入れる「スポーツジムの代わり」になる。

 通勤途上の往復5分の坂道でも、毎日歩くのであれば、週に1回程度のジム通いと同等か、それ以上の効果を期待できる。お腹周りの引き締めはもちろん、坂道で運動強度が上がることで筋肉量と消費カロリーのアップにもつながる。あいにく通勤途中に坂道がないという人は、営業先までの道のりや、休日の散歩で見つけて積極的に活用してみよう。

上体を少し前に傾けて坂を上る

 さて、前回紹介した「階段トレーニング」では、上りはヒップに力を入れながら地面を踏み込み、下りは上体をまっすぐ保って脚をリズミカルに動かすことがポイントだった。今回の「坂道トレーニング」では、「上体をぐらつかせないこと」がポイントになる。平地よりも重力が加わる坂道上りでは、これまで以上に体幹を意識して使わないと、上体と足の運びとの連動がコントロールしにくくなるのだ。

 「坂道では、平地を歩くときのように地面に対して垂直に立ちにくいので、上体が反ったり、腰が引けて上体が丸まったりしやすい。姿勢やフォームが崩れるのは、体幹の力が抜けている証拠です。体幹を使わないと、脚力に頼って上ろうとします。すると脚への負担がますます大きくなるために、すぐに疲れます」とプロ・ランニングコーチの金哲彦さんは指摘する。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.