上体を伸ばして少し前傾させて坂道を上る

上体を真っすぐ保ちながら、少し前傾させたフォームが理想的。骨盤を左右に回旋させた動力で脚を引き上げて、かかとから着地する。この時、膝を伸ばして足裏全体で地面を踏み込むと、上体が骨盤の真上に乗る。体幹を使った推進力で次の一歩を踏み出す。

記事に戻る