日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!  > 階段を使えば体幹ウォーキングは“筋トレ”になる!  > 4ページ目

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

階段を使えば体幹ウォーキングは“筋トレ”になる!

ヒップの筋肉で体を持ち上げ、負荷をかける

 高島三幸=ライター

 一方、階段を上る際によく見かけるNG例は、「階段に脚をのせる度に、膝を曲げ、さらに太ももの前部の筋肉(大腿四頭筋)を使って体を持ち上げること」だと金さんの指摘する。一見すると、膝をバネ代わりにしながら、脚部全体を使っているようだが、「膝を曲げ伸ばしすると腰が引けてしまい、太ももの前側の筋肉ばかり使うことになる。脚に負荷をかけるためのトレーニングにはなるかもしれませんが、すぐに疲れるうえに、体幹もしっかり使えません」(金さん)。

 階段を上る際には、先に上げた脚に力を入れて体を持ち上げるのではなく、後ろに残した脚の大殿筋と体幹の力を生かして上方に荷重を移動させる。この意識を忘れないようにすることが大切だ。

膝を曲げ、太ももの前側を使って階段を上るNG例
腰が引けた状態で上ると、着地の時に膝が曲がる。すると、太ももの前部を使って体を持ち上げようとするため、上体が軸の真上に乗らず、体幹をしっかり使うことができない。
[画像のクリックで拡大表示]
ウォーキング
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.