骨盤を左右に回旋する動きがスムーズにできれば、自然と脚が前に出るので、“省エネ”で上れるようになる。普段、地下鉄の階段などを上っても疲れにくくなる。

記事に戻る