日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!  > 体幹ウォーキングは足裏の重心移動で完成する  > 3ページ目

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

体幹ウォーキングは足裏の重心移動で完成する

クツのかかとが片減りする人は「歩き癖」に注意

 高島三幸=ライター

クツ底の減り方で歩き癖を判断できる

 一方、重心移動における足裏の使い方のNG例は、かかとの「外側」や「内側」での接地。例えば、かかとの外側で接地したら、足裏の外側だけ、あるいは内側だけを使って重心を移動している人が少なくないと金さんは指摘する(イラスト参照)。

重心が内側、または外側に抜ける癖が出やすい
重心が内側、または外側に抜ける癖が出やすい
かかとから「内側」だけを通って拇指球へと重心が移る(イラスト左)、反対に「外側」だけを通り、拇指球に重心が乗らずに小指で地面を押してしまう(イラスト右)人は、脚の筋肉の使い方に偏りがあり、ゆがみといったトラブルを抱えている可能性が高い。

 「重心が外側だけしか通らない人は、脚の外側にある筋肉ばかりに負荷がかかる。反対に、内側だけの人は、内側の筋肉ばかり使うことになる。こうした『歩き癖』を意識して日常からも改善していかないと、足の筋肉のつき方が左右で違ってきたり、ゆがみといったトラブルを強めたりする原因になりやすい」(金さん)

 自分の歩き癖がわかりづらいという人は、「靴のカカトの減り方が左右で違う」「外側だけよく減る」といった普段から履いているクツからでも判断できる。心当たりがある人は、ぜひ、体幹ウォーキングを日常の歩き方から取り入れてみよう。

 さらに、足裏全体をベタベタと着地させてしまう、いわゆる「ベタ足歩き」もNGの歩き方だ。

 着地するたびに上体と地面から一気に加わる衝撃を和らげようとして腰と膝が曲がる。加えて、足の真上に体を真っすぐに乗せられず、骨盤がうまく使えなくなり、臀部や腹筋の力が抜けた歩き方になる。結果的に、脚は大きく動かせないために、腰と脚とをつなぐ体幹の大切な筋肉「腸腰筋(ちょうようきん)」を衰えやすくする。つまり、体幹ウォーキングで目指している、歩くだけで「引き締め効果」「ダイエット効果」を得るといった“ご利益”も薄れる訳だ。

ウォーキング
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.