顔が体の中心より前に出て、腰が引けて後方に残ってしまうと、膝がくの字のように折れ曲がり、体の軸が真っすぐにならない。すると、地面から受けた力を、体幹を使って「推進力に変える」という、体の仕組みをうまく使えなくなる。これが疲れやすい歩き方の原因になる。

記事に戻る