日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 世界の健康 早耳ダイジェスト  > 【韓国発】国民健康食「紅参」が飛び交う年末商戦
印刷

世界の健康 早耳ダイジェスト

【韓国発】国民健康食「紅参」が飛び交う年末商戦

モメチョッタは最高の「お・も・て・な・し!」

 笹部佳子=COCORO

「体に良い」と聞けば臆することなく何でも試す、好奇心旺盛な韓国の人たち。昨今では、オーガニック食品やサプリメント、マクロビオティックといった海外トレンドも広く浸透し、健康ブームもユニバーサル化してきた。だが、それでも韓国の人たちが絶大な信頼を寄せるのは「韓方(ハンバン)」だ。韓国では「漢方」を「韓方」と表記する。その根底には、「その土地に自生した食べ物こそが、そこに住む人たちを健やかにする」との強い考えがある。これからの時期、韓国で昔から重宝されている「高麗人参」が、最高の「おもてなし」として飛び交う。

韓国漢方「韓方」の食習慣が今も根付いている

 韓国人と食事をすると、おいしい食事と共に必ず聞こえてくる「モメチョッタ(体にいいわよ)」という言葉。

 韓国宮廷時代劇『チャングムの誓い』の中にも、韓方(ハンバン)の知恵を駆使した豪華な宮廷料理が登場したが、古くから薬食同源(=医食同源)の考えが根付いている韓国では、食卓を囲んで連呼される「モメチョッタ」の言葉は、「ご馳走」と同じ意味を持つ。そんな料理を相手に振る舞い、振る舞われることは、この上ない韓国流の「お・も・て・な・し」になるのだ。

「五味五色」と呼ばれる、5つの味と5つの彩りで飾られた宮廷料理。松の実、なつめ、栗、ぎんなんをはじめ、生薬としても珍重される自然の素材をふんだんに使う。
[画像のクリックで拡大表示]

 どう見ても草や根っこにしか見えないトリッキーな食材でも、「モメチョッタ」と聞けば、ワシワシと食べる韓国の人の姿に最初は面食らったが、なるほど、そんな食生活を続けることでじわじわと力が湧いてくる。冬にはマイナス20度近くになる寒冷の地で、九州生まれの私が風邪ひとつ引かないことに、改めて韓国の食文化と“食育偏差値”の高さを思い知らされる。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.