パリではここ数年どのスーパーにもビオ食品がずらりと並ぶ。大衆スーパーとしておなじみの「カルフール」をはじめ、「モノプリ」「カジノ」「リーダープライス」といったスーパーでも、プライベートブランド(PB)のビオの商品を出している。写真はカルフールで購入できるビオのジャムやお茶、牛乳など。

記事に戻る