日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 世界の健康 早耳ダイジェスト  > 【パリ発】 “雰囲気美人”をつくる最新アンチエイジング術  > 2ページ目
印刷

世界の健康 早耳ダイジェスト

【パリ発】 “雰囲気美人”をつくる最新アンチエイジング術

ビオブームでシンプル&ナチュナル志向がマダムたちに大人気

 永末アコ=パリ在住ライター

12世紀から続く石けん、野菜や果物を使ったケアも

 ビオ商品に限らず、パリのマダムたちのナチュラル志向も最近ますます進んでいるようだ。

 オリーブオイルで作られた昔ながらの「マルセイユ石けん」(フランスでは皮膚科医も皮膚トラブルの時はこの石けんのみの使用を薦める)や、12世紀から続くオリーブオイルとローリエで作られた「アレプ(Alep)石けん」、さらにパックにはミネラルを含んだ土を太陽で乾かした緑色のピュアな粘土(Argile verte/アルジル ベルトゥ)といった根強い愛用者が多い商品も再び注目されている。女性には欠かせない化粧水は添加物を含んだものを使う人は少なく、日本でもおなじみのブランド「エヴィアン」や「アヴェンヌ」の水の霧スプレーを常用し、モイスチャークリーム(保湿用化粧品)を軽く塗るだけのスキンケアが多くなってきた。

ビオやナチュラル系のコスメティック製品。ローズやザクロ、キヌアのクリーム、オリーブオイルのハンドソープ、粘土のパックなどが人気。防腐剤に使われる「パラベン」をはじめとする添加物未使用を示す表示もある。パッケージには「若い肌を保つ」「しわを伸ばす」といった期待効果も表記されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 というわけで、マダムたちの声を街で聞いてみた。

 二児の母で保育園に勤務するイザベルさん(45歳)は、「特に何もしないわ。でも、パリの水は硬水で石灰が含まれていて肌に良くないから、自宅に水道水を軟らかくする装置を付けているの。これだけで肌も髪も柔らかいままよ」と、やはり“シンプル&ナチュナル“志向。

 医療系フリージャーナリストで一児の母でもあるローランスさん(51歳)は、「私は皮膚が薄いのでスキンケアは必須。でも、アルガンやラべンダーのビオのオイルやクリームを常用しています。パックには旬の野菜や果物、イチゴ、キュウリ、ビートをスライスやピューレにして使い、月に一回は“海の塩“でゴマージュ(優しくマッサージをしながら皮膚表面の古い角質を取り除く美容法)しています」と、その透き通るような肌の秘密を語ってくれた。

男性の意識は「白髪が増えると貫禄がつく」

 一方、アンチエイジングを本気で意識し始める40代以降のパリの女性の多くが、ジム、ジョギング、バレエ、ヨガ、サイクリングといった運動を少なくとも週に一度は行っていることも興味深い。

 「週末に近くのスタジアムを走ることがアンチエイジングケアかな。スキンケアはモイスチャークリームを朝晩、洗顔後に塗るくらい」と言うのは、ギリシャ語教師のマリアさん(48歳)。モデルのようなスタイルと笑顔の美しい彼女は、なんと4人の子どもを持つ母!「年を取ればそれだけ賢くなって、高いのに効果が実感できない化粧品にはもう手を出さないわ」と笑う。

趣味の写真で参加するグループ展の準備をするマリー・クロードさんは、まさにパリの“雰囲気美人”の代表! フランスの大蔵省に勤務する40代のキャリアウーマン。シンプルケアで、メイクも薄い。週末にプールで泳ぐのが習慣だという。
[画像のクリックで拡大表示]

 このように、パリの女性の多くは鏡を覗き込んで額のしわの数を数えたり、ブランドのクリームをコレクションしたりすることにはあまり興味はないようだ(もちろん、すべての女性ではないが)。まして年を重ねた女性は「若い子のような初々しい可愛さ」など求めない。

 なぜなら、これまでの生き方、そして今の生き方から醸し出される、体全体から発する“オーラ”の美しさ、今の自分のナチュラルな美しさこそが、年を重ねた女性の最大の魅力だと考えているからだ。“雰囲気美人”のマダムがパリに多いのは、きっとそのためだ。

 ちなみに…。フランスの男性に日常でのアンチエイジング法について質問してみると、「健康のためにスポーツはするけど、アンチエイジングなんてまったく気にしないよ」という声ばかり。「白髪は増えたけれど、おかげで貫禄がついたでしょう」と、むしろ前向き。たしかに、ステッキさえオシャレな小道具のように持つ、素敵な年配の男性が多いのもパリらしさである。

 美術館でアートを、劇場でバレエやコンサートを、ヴァカンスで広大は自然を…と、たくさんの美しいものに触れ、心と体でそれらを吸収し、気持ちよく体を動かし、恋をして(!)、そしてナチュラル&シンプルなケアで自分らしくいること。それが現代のパリの女性のアンチエイジング法だと言えるのではないだろうか。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.