日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 世界の健康 早耳ダイジェスト  > 【パリ発】 “雰囲気美人”をつくる最新アンチエイジング術
印刷

世界の健康 早耳ダイジェスト

【パリ発】 “雰囲気美人”をつくる最新アンチエイジング術

ビオブームでシンプル&ナチュナル志向がマダムたちに大人気

 永末アコ=パリ在住ライター

世界に名だたるブランド、「シャネル」「サンローラン」「ゲラン」「ディオール」…から次々と最新高級スキンケア製品を生みだすフランスは、エステティック(美容術)の本場でもある。一方、パリは世界で最もスポーツ愛好家が多い都市ともいわれ、ジムやスポーツクラブは高額にも関わらず大人気。およそ105k㎡(東京23区はおよそ621k㎡)のパリ市内には公営のプールだけでも39あり、朝一番に行かないと思い切り泳げないこともしばしば。世界の美容・健康トレンドの発信地であるパリから、最新のアンチエイジング情報をお届けしよう。

歯磨き粉、シャツ、洗剤までビオ商品が広がる

 “華の都・パリ”は、その美しい街並みに負けまいと、人々も我が美と健康に関心が高い。特に成熟した女性が美しいとも言われるパリで、昨今のマダムたちはどのようなアンチエイジングを心がけているのかをご紹介しよう。

 マリー・アントワネット(1755-1793年)の時代から、フランスの女性たちは美しさに磨きをかけ、さらに美しさを保つために、様々なトライを続けてきた。 また、更なる効果を謳(うた)い文句にした新製品も誕生し続けている。そして今、到達したアンチエイジングケア…それは、“シンプル&ナチュナル“である。

パリではここ数年どのスーパーにもビオ食品がずらりと並ぶ。大衆スーパーとしておなじみの「カルフール」をはじめ、「モノプリ」「カジノ」「リーダープライス」といったスーパーでも、プライベートブランド(PB)のビオの商品を出している。写真はカルフールで購入できるビオのジャムやお茶、牛乳など。
[画像のクリックで拡大表示]

 この背景には、昨今のパリのビオ(=オーガニック)ブームが関係していると言えそうだ。

 野菜や果物から始まったブームは、肉や魚、パン、パスタ、ワイン、コーヒー、ジュース、クッキー、アイス…など、あらゆる食品から広がり始め、今ではシャンプー、シャツ、歯磨き粉、洗濯洗剤といった日用品にまでビオ商品が存在する。ブーム初期は高価だったため、それらの使用はスノッブな人々の“特権”でもあったが、供給が増えたことで価格が下がり、今や誰でもが気軽に買えるようにもなったこともファンが拡大した一因だ。

 こうしたトレンドから、ここ数年、スキンケア製品にも様々な有機素材を使ったビオ商品が増えている。ラベンダーやローズのウォーター、シアバターやアルガンのクリーム、オリーブやホホバのオイル…などなど。

 例えば、ザクロのクリームには「ザクロに含有されるビタミンB5、ビタミンC、カリウム、ポリフェノールが肌にエネルギーを与え、日焼け後の肌や、肌の老化防止によい」「ザクロの種の油に含まれているオメガ脂肪酸は、肌を再生するため、“若さの霊薬“ともいわれる」などと、広告のコピーやメーカーのウェブサイトをはじめ、あらゆるところまで記されており、その効果に対するユーザーたちからの信頼性も高い。

 何の原料から作られているかも分からないのに、効果は抜群だと書かれている高価なブランドのクリームを塗り、「翌日のミラクルを待ったが、しかし…」という度重なる経験(失敗 !?)の反動も、ビオ人気を高める一因かもしれない。特に「メルティバ」や「ソー・ビオ」といったブランドのビオクリームが人気だ。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.