日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 世界の健康 早耳ダイジェスト  > 【N.Y.発】ジュースを飲んで米国人が世界一健康になる!?
印刷

世界の健康 早耳ダイジェスト

【N.Y.発】ジュースを飲んで米国人が世界一健康になる!?

食事をジュースに置き換えてダイエットや不調解消の効果を高める

 太田あや=BIO ARTS NYC, INC.代表

体の解毒(デトックス)を促す専用ジュースバーが増加中

果物や野菜だけで作る「コールド・プレス・ジュース」が、ニューヨークで空前のブームになっている。専門のジュースパーやカフェなども増加中。体質や目的に応じたメニューも充実している。

 ヘルスコンシャスなニューヨーカーの間で、空前のブームになっているのが「ジューシング(Juicing)」だ。これは、3日間または1週間などの一定期間、野菜や果物のジュースだけを飲むデトックス(解毒)プログラムで、ダイエットや不定愁訴の改善を目的としたもの。「ジュース・クレンズ(Juice Cleanse)」とも呼ばれている。人間の生命活動の中で最も重労働な生理活動である“消化”の負担を減らし、細胞の新陳代謝に欠かせないビタミンやミネラルをたっぷりとることで、老廃物や有害物質の排せつを促し、体の代謝と栄養素を吸収する機能を回復させるとされる。

  ジュース・クレンズでは、主に「コールド・プレス・ジュース(Cold Pressed Juice)」と呼ばれるジュースを飲む。水を一切使わず、新鮮な野菜や果物だけを「低温低速圧搾方式」で絞る。機械の熱やかく拌などで食物のビタミンやミネラル、酵素などを損なうのを防げるとされ、ミキサーを使って食物繊維も丸ごとジュースにする「スムージー」よりも消化の負担が軽く、より早く確実なデトックス効果が得られるといわれる。

 とはいえ、毎回自宅でジュースを手作りするのは、多忙なニューヨーカーにとっては、なかなか難しい。そんなニーズに応えて、ニューヨークでは専門ジュースバーが急増し、各店舗が工夫を凝らしたメニューを提供している。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.