日経グッデイ

世界の健康 早耳ダイジェスト

【ドイツ発】“肉とビールの国”で「プチ断食」ブームの兆し

ダイエット効果てきめん、不調軽減の口コミ効果が後押し

 柏原 文=ベルリン在住ライター

肉料理とビールがこよなく愛されるドイツでは、今、「プチ断食」がブームの兆しを見せている。かつてキリスト教の宗教行事として、心身の清浄を目的とする「断食」が行われていたが、今ではすっかりダイエットに近い「健康」を主体とするスタイルが広まっている。ドイツのプチ断食事情を紹介しよう。

四旬節をきっかけに、「プチ断食」で健康管理

 ドイツは今、キリスト教で最も重要な祭日である復活祭(2015年4月5日)を間近に迎え、店のウインドウはどこもかしこも、ウサギやたまごの形をしたチョコなどのデコレーションで埋め尽くされている。復活祭までの40日は「四旬節」と呼ばれ、かつては肉や卵、乳製品などを食べることが禁じられる「断食」の習慣があった。現代では無宗教化が進み、宗教的断食の習慣はもはや昔話に過ぎなくなった。

ドイツ国内で「断食」の話題が取り上げられると、たいてい野菜たっぷりの写真がセットになって紹介される。「断食」と言っても「全く飲まず食わず」ではなく、フルーツとジュースはOKというプチ断食を意味する。(©OSTSEE-ZEITUNG.DE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、四旬節の40日間をきっかけに、これまでのような宗教的な儀式ではなく、個人的な健康管理のために「プチ断食」をしている人たちが増えていることが、今年2月にドイツの保険会社DAKが公表した調査結果で判明。国内でちょっとしたブームの兆しを見せている。

 そもそも四旬節に断食する習慣が生まれたのは、古代から古代後期にかけてだとされ、復活祭に向けて自分の行いや生活を悔い改めることが目的だった。断食といっても完全に絶食するわけではなく、期間中は修道院で作られた「黒ビール」と「パン」が食卓に上ることが伝統となっていた。

「不調が軽減される」という口コミもブームを後押し

 しかし現代では、宗教的な習慣が薄れた一方で、「自分の生活を見直す」との目的に変わり、健康志向を中心とする「プチ断食」を行う人が増えているようだ。主食や副菜、お酒などを抜き、その代わりに野菜や果物を使ったスムージーを食事として取る。肉料理が主食のドイツ人にとっては、ダイエット効果もてきめんで、不調が軽減されるといった口コミ効果も、ブームを生み出すきっかけとなった。

中世のキリスト教世界で生まれた断食の習慣では、修道院で醸造された黒ビールとパンを四旬節に取る。今は宗教上な目的で断食する人はいなくなったが、健康のために「プチ断食」をする国民が増えた。(©SPIEGEL ONLINE)
[画像のクリックで拡大表示]

 断食の内容は、個人で好き好きにカスタマイズされていることが多い。例えば、「肉食をやめて菜食主義になる」「スイーツを我慢する」といったものから、「禁酒を心がける」という誓いまで、控えるものは様々だ。プチ断食をする期間は数日間から1週間単位までと、こちらも好き好きに設定する。日本でいうところの “ダイエットのため自己流プチ断食”といった様相だ。

 期間中は、ジュースやフルーツなどはいつでも自由に取れるとの“緩さ”を持たせているがドイツ流のスタイルである。つらい空腹や飢餓感などはなく、日常生活を普通に送りながらでも、「胃腸機能の回復」や「デトックス効果」が期待できることも、注目を向けられている要因だと考えられる。

「体も頭もスッキリするし、気持ちがいいよ」

 前述のDAKの調査結果によれば、「高学歴層になるほどプチ断食の経験比率が高く、また中高年が実践している傾向が強い」としている。やはりこの背景には、世界の先進国にも共通する「中高年が最も健康に関心が高い世代」「富裕層の方が健康意識が高い」という要因もあるに違いない。

プチ断食の期間中に欠かせないフレッシュフルーツジュース。今話題の健康関連アイテムでもある。ここ1年ほどで種類が増え、商品アイテムの増加とともに、スーパーでの売り場面積も広がっている。昼食や朝食などに、これ1本を食事代わり飲むドイツ人も多い。
[画像のクリックで拡大表示]

 プチ断食を何度も経験しているトーマスさん(会社員・46歳)は、「なんといっても体も頭もスッキリするし、気持ちがいいよ。断食を終えた直後は(回復食として)スープから始めないといけないのが少し面倒だけどね」と言いながら、そうした手間との引き換えに得られる爽快さを語ってくれた。

 彼のようにプチ断食を一度体験した人たちの多くが、「体が軽くなった」「頭痛がなくなった」「断食後には何を食べてもおいしい」「少量の食事でも満足感が得られる」などと、体への好影響について語っている。また、ルールが緩く自己流で構わないため、取り組む上でのハードルも低い。

 プチ断食は、これから本格的なブームになっていきそうだ。