日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 世界の健康 早耳ダイジェスト  > 【ドイツ発】“肉とビールの国”で「プチ断食」ブームの兆し  > 2ページ目

世界の健康 早耳ダイジェスト

【ドイツ発】“肉とビールの国”で「プチ断食」ブームの兆し

ダイエット効果てきめん、不調軽減の口コミ効果が後押し

 柏原 文=ベルリン在住ライター

「不調が軽減される」という口コミもブームを後押し

 しかし現代では、宗教的な習慣が薄れた一方で、「自分の生活を見直す」との目的に変わり、健康志向を中心とする「プチ断食」を行う人が増えているようだ。主食や副菜、お酒などを抜き、その代わりに野菜や果物を使ったスムージーを食事として取る。肉料理が主食のドイツ人にとっては、ダイエット効果もてきめんで、不調が軽減されるといった口コミ効果も、ブームを生み出すきっかけとなった。

中世のキリスト教世界で生まれた断食の習慣では、修道院で醸造された黒ビールとパンを四旬節に取る。今は宗教上な目的で断食する人はいなくなったが、健康のために「プチ断食」をする国民が増えた。(©SPIEGEL ONLINE)
中世のキリスト教世界で生まれた断食の習慣では、修道院で醸造された黒ビールとパンを四旬節に取る。今は宗教上な目的で断食する人はいなくなったが、健康のために「プチ断食」をする国民が増えた。(©SPIEGEL ONLINE)

 断食の内容は、個人で好き好きにカスタマイズされていることが多い。例えば、「肉食をやめて菜食主義になる」「スイーツを我慢する」といったものから、「禁酒を心がける」という誓いまで、控えるものは様々だ。プチ断食をする期間は数日間から1週間単位までと、こちらも好き好きに設定する。日本でいうところの “ダイエットのため自己流プチ断食”といった様相だ。

 期間中は、ジュースやフルーツなどはいつでも自由に取れるとの“緩さ”を持たせているがドイツ流のスタイルである。つらい空腹や飢餓感などはなく、日常生活を普通に送りながらでも、「胃腸機能の回復」や「デトックス効果」が期待できることも、注目を向けられている要因だと考えられる。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.