中世のキリスト教世界で生まれた断食の習慣では、修道院で醸造された黒ビールとパンを四旬節に取る。今は宗教上な目的で断食する人はいなくなったが、健康のために「プチ断食」をする国民が増えた。(©SPIEGEL ONLINE)

記事に戻る