日経グッデイ

世界の健康 早耳ダイジェスト

【タイ発】仕事の前後にゴルフ、「適度な運動」と「気軽さ」を満たす

バンコク近郊に40コース、中間層の増加で健康市場にも追い風

 梅本昌男=バンコク在住ライター

2008年のリーマンショック以降、タイのGDP(国内総生産)は再びプラス基調に持ち直し、経済発展の中で社会が急激に様変わりしている。特に顕著なのが首都バンコクだ。都心近郊では、ショッピングモールが続々と誕生し、高層コンドミニアムがあちらこちらで建っている。また、道路を見渡せば、高級外国車を含む自家用車が増え、渋滞がよりひどくなっている。消費意欲が旺盛な中間層が増えて購買力が増したことを背景に、健康志向の一環としてゴルフ人気が高まりを見せている。

ゴルフ人気は「適度な運動」と「気軽さ」

 10年前のバンコク市内には、例えばフィットネス・クラブは数える程しかなかった。しかし今や、高級アパートメントやコンドミニアムなどには必須の施設になっている。食のヘルシー志向も高まり、オーガニックの食材が増えたり、ヘルシーさが受けて日本食がブームになったりしている。

タイ国内の中間層の拡大で、特にバンコクを中心に、健康志向とスポーツを併せ持ったゴルフが人気を集めている。
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした消費市場を支えているのが、今も拡大している中間層の存在だ。シンガポールのメガバンク・DBSが発表した2013年の調査によれば、タイの人口6700万人に占める中間層はおよそ1700万人だとされる。消費意欲が旺盛な中間層の間で、昨今、人気が高まっているのがゴルフだ。あるベテラン・ゴルファーによれば、「ここ数年の印象ですが、ゴルフ場の混雑具合から考えるに、プレイヤーの人口が1.5~2倍ぐらいに増えているのではないか」と語る。タイ国内のゴルファー人口は推計100万人とされているが、2012年には日本の大手ゴルフクラブメーカーが市場に参入するなど、今後も拡大が期待されている。

 健康志向の一環としてゴルフに人気が集まる理由は、「適度な運動」と「気軽さ」にあると考えられる。

 実際にゴルファーたちに聞いてみると、「健康のために何かスポーツをしたかったが、激しく動くスポーツだと反対に体を壊しそうで避けたかった。でも、ゴルフならちょうどいいと思った」(50代男性)、「本当はランニングをしたかったが、クルマの排気ガスがひどく、市内で走るのが嫌だった。ゴルフが最も身近で出来そうなスポーツだった」(40代男性)といった理由が挙がる。

初心者に“優しい”システムでゴルフを始めやすい

 特にバンコクでは、ゴルフコースが近郊に多いことも、中間層たちに人気を集める要因であろう。

 中心部からクルマで1時間圏内に約40ものゴルフ場がある(タイ国内では約170コース)。そのうち、およそ3割は、ブームを背景にこの10年でオープンしたもの。近郊のコースは、午前6時から夜は11時までオープンしているため、仕事の前後にハーフプレイを楽しむ人も少なくない。ゴルフで1日を費やさずに済み、日中の暑さも避けられる。そのうえ野外でのエクササイズにもなるとの理由から、ゴルフは健康志向を満たすスポーツとして良いこと尽くめな訳だ。ちなみに、ラウンドフィーは1000~3000バーツ(日本円で約3600~1万800円)ぐらいだ。

 平日であれば予約なしでコースを訪れてもOKなことが多く、1人でほかのグループに加わりプレイすることもできる。また国内の人件費が安いことから、ゴルファー1人にキャディが1人つく。初心者にも“優しい”システムであるため、日本よりもゴルフを始める敷居は低い。

女性ゴルファーの数も増える傾向に。最新のゴルフトレーニグ器具を備えたインドア練習場『バンコク・ゴルフ・センター』でレッスンを受ける生徒。
[画像のクリックで拡大表示]

 ゴルフ場の賑わいに合わせて、バンコク市内ではインドア練習場も増える傾向にある。「年中暑い気候ですから、屋外ではなく、エアコン付きの屋内の練習場が好まれます」と言うのは、インドア練習場とゴルフ学校を兼ねる『バンコク・ゴルフ・センター』のインストラクターのマーク岩尾さん。インドア練習場は市内に既に6カ所あり、今後も増えそうな勢いだ。

ゴルフ人気がUVケアやサプリメントなどの健康市場に追い風

 有名外国企業をリタイアし、悠々自適の暮らしを送るブラナウオン・ソワプルックさん(57歳・男性)は、2年前から健康のためにゴルフを始めた1人だ。「仕事漬けの日々から比べると体調がベターになっているのを感じます。ゴルフはほかのスポーツに比べて無理やり体を動かすことなく、サバーイ(気持ち良い)な感じでプレイ出来るのが良いですね」。知らない者同士が一緒にプレイすることで、ゴルフ仲間が増えることも、魅力の1つだとマークさんはいう。

 一方、ダイエットや運動不足の解消ために、女性のゴルファーも増えつつある。現在、ゴルフ人口のおよそ3割を占めるともいわれており、おしゃれなゴルフウエアやアクセサリーの登場なども追い風になったようだ。また、女性ゴルファーの増加は、日中の強い陽射しから身を守る「UVカットのクリーム」や、肌の回復を促すとされる「ビタミンC」のサプリメントなど、ゴルフにかかわる健康関連商品の市場拡大にも少なからず影響を与えているとされる。

2012年にオープンしたバンコク近郊にある『ロイヤルジェムス・ゴルフシティー』。世界の名門コースを再現したホールが楽しめる。タイの地形的にフラットなホールが多いのが特徴だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 シディパ・チョットチュイサティットさん(43歳・女性)は、リハビリ科のドクターでゴルフ歴3年。当時、ゴルフで肘などを痛める患者が増えていたため、その原因を探ろうと思い、自分の健康増進を兼ねてゴルフを始めた。

 「実際に始めてみたら、自分の性分にすごく合っていました。なによりストレス解消になるし、緑の中で過ごすことでとても癒されます。健康にはとてもいいですね」(チョットチュイサティットさん)

 今後もタイ国内は、中間層人口が引き続き増えると予想されている。健康志向を併せ持つ層の拡大によって、首都バンコクを中心としたゴルフ人気は、これから“日の出の勢い”を迎えるかもしれない。

次世代の中間層の担う子どもゴルファーも増加
 今、バンコクのコースでゴルフに興じる親子を見かけるのは珍しいことではない。そういった子どもゴルファーの中には、趣味を超えて、真剣にゴルフに取り組む子たちも出てきている。『ラッセルノ・ゴルフ・スタジオ』は子供ゴルファー育成に力を入れているスクール。ここに通うタイ人と日本人のハーフの立松里奈ちゃんは、イギリスの大会で何度も優秀するなど世界的に活躍している。彼女以外にも、海外の試合で活躍するタイの子供ゴルファーが現れているとか。毎週末、様々なジュニアの大会が開かれている。
タイ・日本のハーフで世界的に活躍する立松里奈ちゃん(写真左、右から2人目)。中間層の第2世代にあたる子どもゴルファーたちも増え、レベルが上がっている。
[画像のクリックで拡大表示]