日経グッデイ

世界の健康 早耳ダイジェスト

【ハワイ発】自転車が新たなエクササイズの定番に

ウィンドサーフィンの聖地、マウイ島にバイクブームの波

 神宮寺 愛=ハワイ在住ライター

大自然に囲まれたハワイ。青い空にヤシの木が揺れる南島の陽気な雰囲気から連想されるエクササイズといえば、サーフィン、フラダンス、ヨガなどであろうか。そんなハワイにおいて、ロードバイクやマウンテンバイクといった「自転車」が、マウイ島とオアフ島、ラナイ島を中心に新しいエクササイズとしてブームになっている。

トライアスロン大会が伝えるバイクの魅力

 ハワイにおけるバイクブームの背景にあるのは、数々開かれる世界的なトライアスロン大会の存在だ。

 ハワイ島の「IRONMAN」、マウイ島の「XTERRA」など、ハワイはトライアスロンの世界大会の舞台になっており、大会シーズンを迎える10月が近くなると、バイクのトレーニングに入るアスリートたちが世界中から詰めかける。あちらこちらでバイクを走らせるアスリートたちの姿は、すっかり季節の風物詩だ。

ハワイ各島では、行政による健康増進策の一環として、安全にバイクに乗れる環境の整備が進んでいる。なかでもマウイ島、ラナイ島を抱えるマウイ郡は、2つのトライアスロンの大会が催されることもあり、住民にとってバイクが身近な存在だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ラナイ島では、2009年に新設されたトライアスロン大会「TRILANAI」が、観戦客を呼び込み観光振興のきっかけになった。同時に、地元のスポーツ団体や学校、職場ぐるみで大会参加を促したり、地域ボランティアがイベントに関わったりしてきたことで、住民にとってもバイクがより身近になった。

 バイクブームを下支えする行政の取り組みも積極的だ。特にオアフ島やマウイ島では、新しい道にバイク用のレーンを整備したり、既存の道路にレーンを追加したりするなど、バイクで快適に走れる環境づくりが急速に進みつつある。

健康習慣の一環として行政がブームをサポート

 ハワイ各島の中でも、健康習慣としてのサイクリングのサポートに熱心なのが、「XTERRA」(マウイ島)、「TRILANAI」(ラナイ島)という2つのトライアスロン大会が開かれるマウイ郡だ。マウイ郡長を筆頭に、学校教員やコミュニティーメンバーなどで組織する「食生活&健康習慣改善連合」が音頭を取り、2008年以降、バイク用のレーンを拡大するなど、安全に自転車に乗れる環境作りを推し進めてきた。そのかいあって、健康のために学校や職場にバイクで通う人たちが今も増え続けている。

マウイ島の「XTERRA」でスタンバイされているバイク。マウンテンバイクを使ったオフロード版トライアスロンとして、世界各国から一流アスリートが挑戦する。
[画像のクリックで拡大表示]
マウイ郡の「食生活&健康習慣改善組合」のミーティングに参加するアラン・アラカワ郡長(写真中央)。地元の自転車愛好家、自転車ショップスタッフからレーンの設け方に関する意見を聞くなど、バイク環境の整備を熱心にサポートしている。
[画像のクリックで拡大表示]

 地元のバイクショップのスタッフは、「特にここ数年の人気をきっかけに、サイクリンググループのような団体を組織したり、そうした団体が一般道路を走るときのルールや注意点を教えるワークショップを行ったり、週末にサイクリング大会を催すなど、楽しくバイクに乗ることを目的にした地域活動が広がっています」と語る。

 マウイ郡の高原地帯は、各島の中でも、気候と自然環境がトレーニングに適しているといわれる。年間を通じてバイクトレーニングをするアスリートたちの姿が多く、大会出場に向けた調整のために島内に滞在する期間も長い。

 また、そもそもバイクトレーニングは、1970年代にウィンドサーフィンが盛んだったマウイ島に集まったサーファーたちの間で、足腰の筋力を強化する「陸上トレーニング」として取り入れられていた経緯もある。もともと、ブームが生まれる下地はあったのだ。

サーフィンとバイクの意外な相性

バイクショップ「アイランド・バイカー・マウイ」のアンドリュー・ダン店長(写真右)は、「最近では、『スタンダップ・パドル・サーフィン』という新しいスタイルのサーフィンの流行もあり、足腰を鍛えるために、バイクトレーニングを取り入れる島民も増えてきました。バイクの販売台数はもちろんですが、バイクレンタルの利用者数も増えています」と話す。
[画像のクリックで拡大表示]

 今もウィンドサーフィンの聖地とされ、世界中からウィンドサーファーが集まる特別な存在であるノースショアの「ホオキパビーチ」。その近くにある町、カフルイで長年「アイランド・バイカー・マウイ」というバイク専門店を経営するのがボブ・ヌーニーさんだ。

 「マウイ島は“風の島”と呼ばれるほどいい風が吹き、ウィンドサーフィンの世界大会も開かれる場所だけれど、風がないときもある。自然には逆らえないからね。そんなとき、ウィンドサーファーたちはバイクで足腰を鍛えているんだよ。島の道のアップダウンが、下半身の強化のためのバイクでのトレーニングに最適なんだ」(ボブさん)

 自然に囲まれた島内をバイクで走り続けるだけで、島民にとっては立派なエクササイズになることも、やはり魅力的なのだ。

マウンテンバイク専用の施設もオープン

 エクササイズを目的に使われるのはロードバイクが主流だが、その一方で、自然の中を走り回れる楽しさが魅力のマウンテンバイクも人気を集めつつある。そのきっかけにもなったのが、2014年にオープンした「マウイ・バイク・パーク」だ。バイクのサスペンションで有名なメーカー「ロック・ショック」の創業者、ポール・ターナーさんが設計したという本格コースである。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「マウイ・バイク・パーク」はマウイ島のマカワオの郊外にある高原で、広大な敷地に初級、中級、上級のコースを持つ。パークのオーナーは自転車には欠かせないサスペンションの有名メーカー「ロック・ショック」の創業者のポール・ターナーさん。彼がパーク専用に開発したサスペンションが組み込まれたバイクもレンタル可能で、手ぶらで遊びに訪れても楽しめる。

 施設の誕生をきっかけに、マウンテンバイクを楽しむ新たな層が、子どもから大人まで、さらに学校、地域にまで広がった。週末ともなればパーク内は家族連れでにぎわう。取材をした当日も、子どもたち数十人が引率の先生と一緒にマウンテンバイクを楽しんでいた。聞けば、バイククラブが学校にできたのだという。

 これまでハワイならではのエクササイズといえば、文化的な学びを持ち合わせるフラや、自然の中で心身を一体にさせるヨガ、さらに海でのサーフィンやウィンドサーフィンといったものが中心だった。だが、今のバイクブームがさらに広がり、ハワイ住民全体の健康志向にも拍車がかかれば、やがて、「バイク」がハワイらしさを象徴するエクササイズの一つに加わっていくかもしれない。