日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 世界の健康 早耳ダイジェスト  > 【ハワイ発】自転車が新たなエクササイズの定番に  > 2ページ目
印刷

世界の健康 早耳ダイジェスト

【ハワイ発】自転車が新たなエクササイズの定番に

ウィンドサーフィンの聖地、マウイ島にバイクブームの波

 神宮寺 愛=ハワイ在住ライター

サーフィンとバイクの意外な相性

バイクショップ「アイランド・バイカー・マウイ」のアンドリュー・ダン店長(写真右)は、「最近では、『スタンダップ・パドル・サーフィン』という新しいスタイルのサーフィンの流行もあり、足腰を鍛えるために、バイクトレーニングを取り入れる島民も増えてきました。バイクの販売台数はもちろんですが、バイクレンタルの利用者数も増えています」と話す。
[画像のクリックで拡大表示]

 今もウィンドサーフィンの聖地とされ、世界中からウィンドサーファーが集まる特別な存在であるノースショアの「ホオキパビーチ」。その近くにある町、カフルイで長年「アイランド・バイカー・マウイ」というバイク専門店を経営するのがボブ・ヌーニーさんだ。

 「マウイ島は“風の島”と呼ばれるほどいい風が吹き、ウィンドサーフィンの世界大会も開かれる場所だけれど、風がないときもある。自然には逆らえないからね。そんなとき、ウィンドサーファーたちはバイクで足腰を鍛えているんだよ。島の道のアップダウンが、下半身の強化のためのバイクでのトレーニングに最適なんだ」(ボブさん)

 自然に囲まれた島内をバイクで走り続けるだけで、島民にとっては立派なエクササイズになることも、やはり魅力的なのだ。

マウンテンバイク専用の施設もオープン

 エクササイズを目的に使われるのはロードバイクが主流だが、その一方で、自然の中を走り回れる楽しさが魅力のマウンテンバイクも人気を集めつつある。そのきっかけにもなったのが、2014年にオープンした「マウイ・バイク・パーク」だ。バイクのサスペンションで有名なメーカー「ロック・ショック」の創業者、ポール・ターナーさんが設計したという本格コースである。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「マウイ・バイク・パーク」はマウイ島のマカワオの郊外にある高原で、広大な敷地に初級、中級、上級のコースを持つ。パークのオーナーは自転車には欠かせないサスペンションの有名メーカー「ロック・ショック」の創業者のポール・ターナーさん。彼がパーク専用に開発したサスペンションが組み込まれたバイクもレンタル可能で、手ぶらで遊びに訪れても楽しめる。

 施設の誕生をきっかけに、マウンテンバイクを楽しむ新たな層が、子どもから大人まで、さらに学校、地域にまで広がった。週末ともなればパーク内は家族連れでにぎわう。取材をした当日も、子どもたち数十人が引率の先生と一緒にマウンテンバイクを楽しんでいた。聞けば、バイククラブが学校にできたのだという。

 これまでハワイならではのエクササイズといえば、文化的な学びを持ち合わせるフラや、自然の中で心身を一体にさせるヨガ、さらに海でのサーフィンやウィンドサーフィンといったものが中心だった。だが、今のバイクブームがさらに広がり、ハワイ住民全体の健康志向にも拍車がかかれば、やがて、「バイク」がハワイらしさを象徴するエクササイズの一つに加わっていくかもしれない。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.