日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 世界の健康 早耳ダイジェスト  > 【ハワイ発】自転車が新たなエクササイズの定番に
印刷

世界の健康 早耳ダイジェスト

【ハワイ発】自転車が新たなエクササイズの定番に

ウィンドサーフィンの聖地、マウイ島にバイクブームの波

 神宮寺 愛=ハワイ在住ライター

大自然に囲まれたハワイ。青い空にヤシの木が揺れる南島の陽気な雰囲気から連想されるエクササイズといえば、サーフィン、フラダンス、ヨガなどであろうか。そんなハワイにおいて、ロードバイクやマウンテンバイクといった「自転車」が、マウイ島とオアフ島、ラナイ島を中心に新しいエクササイズとしてブームになっている。

トライアスロン大会が伝えるバイクの魅力

 ハワイにおけるバイクブームの背景にあるのは、数々開かれる世界的なトライアスロン大会の存在だ。

 ハワイ島の「IRONMAN」、マウイ島の「XTERRA」など、ハワイはトライアスロンの世界大会の舞台になっており、大会シーズンを迎える10月が近くなると、バイクのトレーニングに入るアスリートたちが世界中から詰めかける。あちらこちらでバイクを走らせるアスリートたちの姿は、すっかり季節の風物詩だ。

ハワイ各島では、行政による健康増進策の一環として、安全にバイクに乗れる環境の整備が進んでいる。なかでもマウイ島、ラナイ島を抱えるマウイ郡は、2つのトライアスロンの大会が催されることもあり、住民にとってバイクが身近な存在だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ラナイ島では、2009年に新設されたトライアスロン大会「TRILANAI」が、観戦客を呼び込み観光振興のきっかけになった。同時に、地元のスポーツ団体や学校、職場ぐるみで大会参加を促したり、地域ボランティアがイベントに関わったりしてきたことで、住民にとってもバイクがより身近になった。

 バイクブームを下支えする行政の取り組みも積極的だ。特にオアフ島やマウイ島では、新しい道にバイク用のレーンを整備したり、既存の道路にレーンを追加したりするなど、バイクで快適に走れる環境づくりが急速に進みつつある。

健康習慣の一環として行政がブームをサポート

 ハワイ各島の中でも、健康習慣としてのサイクリングのサポートに熱心なのが、「XTERRA」(マウイ島)、「TRILANAI」(ラナイ島)という2つのトライアスロン大会が開かれるマウイ郡だ。マウイ郡長を筆頭に、学校教員やコミュニティーメンバーなどで組織する「食生活&健康習慣改善連合」が音頭を取り、2008年以降、バイク用のレーンを拡大するなど、安全に自転車に乗れる環境作りを推し進めてきた。そのかいあって、健康のために学校や職場にバイクで通う人たちが今も増え続けている。

マウイ島の「XTERRA」でスタンバイされているバイク。マウンテンバイクを使ったオフロード版トライアスロンとして、世界各国から一流アスリートが挑戦する。
[画像のクリックで拡大表示]
マウイ郡の「食生活&健康習慣改善組合」のミーティングに参加するアラン・アラカワ郡長(写真中央)。地元の自転車愛好家、自転車ショップスタッフからレーンの設け方に関する意見を聞くなど、バイク環境の整備を熱心にサポートしている。
[画像のクリックで拡大表示]

 地元のバイクショップのスタッフは、「特にここ数年の人気をきっかけに、サイクリンググループのような団体を組織したり、そうした団体が一般道路を走るときのルールや注意点を教えるワークショップを行ったり、週末にサイクリング大会を催すなど、楽しくバイクに乗ることを目的にした地域活動が広がっています」と語る。

 マウイ郡の高原地帯は、各島の中でも、気候と自然環境がトレーニングに適しているといわれる。年間を通じてバイクトレーニングをするアスリートたちの姿が多く、大会出場に向けた調整のために島内に滞在する期間も長い。

 また、そもそもバイクトレーニングは、1970年代にウィンドサーフィンが盛んだったマウイ島に集まったサーファーたちの間で、足腰の筋力を強化する「陸上トレーニング」として取り入れられていた経緯もある。もともと、ブームが生まれる下地はあったのだ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.