日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 一刻も早く痛み止めを飲みたいのに!
印刷

COML患者相談室

一刻も早く痛み止めを飲みたいのに!

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、COMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2014年8月号からの転載です)。

 私(38 歳・女性)は子宮内膜症で生理痛がとてもひどいため、以前から婦人科クリニックにかかっています。いまのところ定期的に受診し、生理痛がひどいときに飲む鎮痛剤を処方してもらっています。また、あまりに生理痛がひどくて生活のリズムが乱れ、不眠症にもなってしまいました。そこで、鎮痛剤と一緒に睡眠薬も出してもらっています。

情報提供や薬剤服用歴管理は薬剤師の大切な仕事ではあるが・・・(© .shoc-Fotolia.com)

 その婦人科クリニックは院外処方なので、クリニックのそばにある調剤薬局で薬を受け取ることにしています。先日、いつものように処方せんを持って調剤薬局に行ったところ、これまで見かけたことがない薬剤師が調剤してくれました。私はその日、もっとも生理痛のひどい日で、お腹が痛くてなりませんでした。だから、一刻も早く薬を受け取って服用し、痛みを治めたかったのです。

 ところが対応してくれたその薬剤師は、鎮痛剤が出されている理由を細々と聞き出し、睡眠薬についても「翌朝、眠気が残りませんか」「ふらつきはありませんか」「喉が渇くことは」と延々と質問を続けるのです。途中で私が「ともかくいま、お腹が痛いので・・・」と伝えたのですが、「いえ、私たち薬剤師が患者さんに説明したり確認したりするのは、大切な役割なんです」と遮って、質問と確認を続けます。途中から立っているのもつらくなったのですが、まったく配慮を示す気配もありませんでした。今後も続くと思うと苦痛なのですが、これからどうしたらいいのでしょうか。

COMLからのアドバイス

 たしかに情報提供や薬剤服用歴管理、処方内容に疑問を感じたときに処方医に問い合わせる疑義照会などは、大切な薬剤師の役割です。しかし、目の前で痛みを訴えている患者の言葉を遮って優先する状況とも思えません。薬局に対して、つらい思いをしたことを伝え、もう少し配慮のある対応をしてもらいたいと改善を申し出ることは可能だと思います。もしかしたら、新しく薬局に入ったばかりの薬剤師で、役割を果たさねばと一人相撲をとっていたのかもしれませんから。

 ただ、医療用医薬品を調剤する薬局は、患者が選べます。別に医療機関のそばにある調剤薬局でなくてもいいのです。また、処方せんは4日間有効ですから、今回のように余裕がないときは別として、発行された日の内に調剤してもらわないといけないわけではありません。かかりつけ薬局を決めて、4日以内であれば都合のいいときに処方せんを持っていき、都合のいい時間を伝えて受け取りに行けば待ち時間も解消できます。

 きちんと薬局の役割を果たしていることはもちろん、気持ちのいい対応をしてくれる薬局を選ぶことも大切です。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.