日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 初診料を払った日が初診日なのでは?
印刷

COML患者相談室

初診料を払った日が初診日なのでは?

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、COMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2014年9月号からの転載です)。

 2カ月前、私(71 歳・男性)は咳がひどくて、かかりつけにしている近くの内科医院を受診しました。ドクターは聴診をしたあと、念のためにと胸のX線写真を撮ってくれました。その結果、「とくに異常はないようだから、咳止めを飲んで、しばらく様子をみましょう」と言われました。しかし、私は何だかとても気になって、「どうも気になって仕方ないので、詳しい検査をしてもらいたいのです」と伝えました。すると「そんなに気になるなら、胸部のCT検査をしますか? ウチではできないので近くの病院で撮ってきてください」と紹介状を書いてくれました。

 すぐに紹介された病院に行くと、まずは内科の診察室に呼ばれ、症状を確認したうえでCT検査を受けました。検査のあと、少し待つとCTの写真ができて渡され、「結果は内科医院の先生が説明されるそうです」と、その写真を持って元の内科医院に戻るように言われました。

 かかりつけ医は私が持って行ったCT写真を見るなり、「撮って良かった! 肺は問題ないけれど、心臓の血管が詰まっている。これは大変だ。きちんと検査と治療を受ける必要があるから、CTを撮った病院の循環器科にかかってください」と驚いた様子で言われました。まさか心臓に問題があるとは思っていなかったので、私も驚いて2日後には病院を受診し、すぐに検査の予約が入りました。

CT検査により、冠動脈の2本が95%閉塞していることが判明した。(epstock / 123RF )

 病院の循環器科で心臓カテーテルによる血管造影検査を受けた結果、冠動脈の2本が95%閉塞し、残り1本は70%閉塞しているとわかりました。そのため、血管を拡げ、ステントという金属製の筒を入れる手術を受けたのです。もう少し発見が遅かったら、取り返しのつかない結果になっていたと言われ、肝を冷やしました。

 その後、必要があって診断書を書いてもらったのですが、病院での初診日がCTを撮った日ではなく、循環器科を受診した日になっているのです。CTを撮ったときの病院の領収証を見ると、たしかに「初診料」が請求されていました。私は解せなくて、病院の事務の人に「初診日が間違っている」と指摘したのですが、しばらく待たされた結果、「初診日はこの日で間違いありません」と言われました。「なぜですか?」と聞いても、「この日が初診だからです」と繰り返すだけで、埒があきません。おかしくありませんか。

COMLからのアドバイス

 CT撮影という検査目的で受診しても、診察室で症状や検査の必要性について確認があり、基本料金である初診料は請求されます。しかし、その検査結果は紹介元である内科医院でおこなうとドクターから連絡があったので、病院ではCTの結果説明をしなかったのだと思います。

 そして、そのCT画像を見たかかりつけ医が心臓の血管の閉塞を見つけ、今度は治療目的で病院を紹介しました。 つまり、病院にとってこの患者さんを自主的に検査、治療をすることになった「初診の日」は循環器科受診の日だったということなのだと思います。

 そのような内容について説明したところ、ご納得くださいました。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.