日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 初診料を払った日が初診日なのでは?
印刷

COML患者相談室

初診料を払った日が初診日なのでは?

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、COMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2014年9月号からの転載です)。

 2カ月前、私(71 歳・男性)は咳がひどくて、かかりつけにしている近くの内科医院を受診しました。ドクターは聴診をしたあと、念のためにと胸のX線写真を撮ってくれました。その結果、「とくに異常はないようだから、咳止めを飲んで、しばらく様子をみましょう」と言われました。しかし、私は何だかとても気になって、「どうも気になって仕方ないので、詳しい検査をしてもらいたいのです」と伝えました。すると「そんなに気になるなら、胸部のCT検査をしますか? ウチではできないので近くの病院で撮ってきてください」と紹介状を書いてくれました。

 すぐに紹介された病院に行くと、まずは内科の診察室に呼ばれ、症状を確認したうえでCT検査を受けました。検査のあと、少し待つとCTの写真ができて渡され、「結果は内科医院の先生が説明されるそうです」と、その写真を持って元の内科医院に戻るように言われました。

 かかりつけ医は私が持って行ったCT写真を見るなり、「撮って良かった! 肺は問題ないけれど、心臓の血管が詰まっている。これは大変だ。きちんと検査と治療を受ける必要があるから、CTを撮った病院の循環器科にかかってください」と驚いた様子で言われました。まさか心臓に問題があるとは思っていなかったので、私も驚いて2日後には病院を受診し、すぐに検査の予約が入りました。

CT検査により、冠動脈の2本が95%閉塞していることが判明した。(epstock / 123RF )

 病院の循環器科で心臓カテーテルによる血管造影検査を受けた結果、冠動脈の2本が95%閉塞し、残り1本は70%閉塞しているとわかりました。そのため、血管を拡げ、ステントという金属製の筒を入れる手術を受けたのです。もう少し発見が遅かったら、取り返しのつかない結果になっていたと言われ、肝を冷やしました。

 その後、必要があって診断書を書いてもらったのですが、病院での初診日がCTを撮った日ではなく、循環器科を受診した日になっているのです。CTを撮ったときの病院の領収証を見ると、たしかに「初診料」が請求されていました。私は解せなくて、病院の事務の人に「初診日が間違っている」と指摘したのですが、しばらく待たされた結果、「初診日はこの日で間違いありません」と言われました。「なぜですか?」と聞いても、「この日が初診だからです」と繰り返すだけで、埒があきません。おかしくありませんか。

COMLからのアドバイス

 CT撮影という検査目的で受診しても、診察室で症状や検査の必要性について確認があり、基本料金である初診料は請求されます。しかし、その検査結果は紹介元である内科医院でおこなうとドクターから連絡があったので、病院ではCTの結果説明をしなかったのだと思います。

 そして、そのCT画像を見たかかりつけ医が心臓の血管の閉塞を見つけ、今度は治療目的で病院を紹介しました。 つまり、病院にとってこの患者さんを自主的に検査、治療をすることになった「初診の日」は循環器科受診の日だったということなのだと思います。

 そのような内容について説明したところ、ご納得くださいました。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.