日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 初診料を払った日が初診日なのでは?
印刷

COML患者相談室

初診料を払った日が初診日なのでは?

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、COMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2014年9月号からの転載です)。

 2カ月前、私(71 歳・男性)は咳がひどくて、かかりつけにしている近くの内科医院を受診しました。ドクターは聴診をしたあと、念のためにと胸のX線写真を撮ってくれました。その結果、「とくに異常はないようだから、咳止めを飲んで、しばらく様子をみましょう」と言われました。しかし、私は何だかとても気になって、「どうも気になって仕方ないので、詳しい検査をしてもらいたいのです」と伝えました。すると「そんなに気になるなら、胸部のCT検査をしますか? ウチではできないので近くの病院で撮ってきてください」と紹介状を書いてくれました。

 すぐに紹介された病院に行くと、まずは内科の診察室に呼ばれ、症状を確認したうえでCT検査を受けました。検査のあと、少し待つとCTの写真ができて渡され、「結果は内科医院の先生が説明されるそうです」と、その写真を持って元の内科医院に戻るように言われました。

 かかりつけ医は私が持って行ったCT写真を見るなり、「撮って良かった! 肺は問題ないけれど、心臓の血管が詰まっている。これは大変だ。きちんと検査と治療を受ける必要があるから、CTを撮った病院の循環器科にかかってください」と驚いた様子で言われました。まさか心臓に問題があるとは思っていなかったので、私も驚いて2日後には病院を受診し、すぐに検査の予約が入りました。

CT検査により、冠動脈の2本が95%閉塞していることが判明した。(epstock / 123RF )

 病院の循環器科で心臓カテーテルによる血管造影検査を受けた結果、冠動脈の2本が95%閉塞し、残り1本は70%閉塞しているとわかりました。そのため、血管を拡げ、ステントという金属製の筒を入れる手術を受けたのです。もう少し発見が遅かったら、取り返しのつかない結果になっていたと言われ、肝を冷やしました。

 その後、必要があって診断書を書いてもらったのですが、病院での初診日がCTを撮った日ではなく、循環器科を受診した日になっているのです。CTを撮ったときの病院の領収証を見ると、たしかに「初診料」が請求されていました。私は解せなくて、病院の事務の人に「初診日が間違っている」と指摘したのですが、しばらく待たされた結果、「初診日はこの日で間違いありません」と言われました。「なぜですか?」と聞いても、「この日が初診だからです」と繰り返すだけで、埒があきません。おかしくありませんか。

COMLからのアドバイス

 CT撮影という検査目的で受診しても、診察室で症状や検査の必要性について確認があり、基本料金である初診料は請求されます。しかし、その検査結果は紹介元である内科医院でおこなうとドクターから連絡があったので、病院ではCTの結果説明をしなかったのだと思います。

 そして、そのCT画像を見たかかりつけ医が心臓の血管の閉塞を見つけ、今度は治療目的で病院を紹介しました。 つまり、病院にとってこの患者さんを自主的に検査、治療をすることになった「初診の日」は循環器科受診の日だったということなのだと思います。

 そのような内容について説明したところ、ご納得くださいました。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.