日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 治療の希望を伝えたら、露骨に反対する反応をされて
印刷

COML患者相談室

治療の希望を伝えたら、露骨に反対する反応をされて

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、COMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2014年8月号からの転載です)。
「この病院ですべき治療の段階は終わりました」と言われ、転院することになったが…。(© Kav - Fotolia.com)

 57歳の従兄が半年前に仕事中の転落事故で外傷性くも膜下出血を起こし、意識が戻らないまま入院生活が続いています。従兄は独身で、きょうだいはいません。両親も早くに亡くなったので、私(49 歳・女性)がキーパーソンとして病状の説明を受けたり、治療を受ける意志表示をしたりしています。

 従兄は事故直後、大きな病院に救急搬送されて、集中治療室で治療を受けました。一命はとりとめ、一般病棟に移されましたが、1カ月後ぐらいに「この病院ですべき治療の段階は終わりました。

 今後はいまの状態を維持していく段階に入っているので、転院を考えてください」と言われ、医療ソーシャルワーカーに相談して病院を移りました。その病院も長くなったので、再び転院の話が持ちあがり、昨日つぎの病院に転院したところです。

 転院時には私も付き添ったのですが、、今度の病院の担当医からこれまでの事情を詳しく質問されました。今後の治療方針について意向を聞かれたので「従兄はまだ年齢的にも若いので、積極的な治療をお願いします」と伝えたのです。すると、担当医は明らかに「あり得ない」という表情で「え~っ!!」と言うのです。

そして、「それなら痰の吸引方法を変更するので、全身麻酔で手術することになってもいいですか?」「積極的治療を望むのに、こちらの提案を受け入れられないなら、あなたの希望が叶う転院先を探してきてくださいよ」「できるだけ早くに方向性を固めてください」と追い立てるように言われ、私はどうすればいいかわからずパニック状態になってしまいました。

 入院に際してのさまざまな文書を受け取って帰ってきたものの、何から考えればいいのか気持ちが落ち着きません。どうやら今度の病院の担当医は、あまり治療をしたくないようです。転院したほうがいいのでしょうか。

COMLからのアドバイス
 

 患者(側)の意向を尊重すると言いながらも、医療者側に確固たる方針があって、それにそぐわない意思表示をするとあからさまに受け入れがたい反応をするという相談は少なからず届きます。

 この方の場合、まずは落ち着かれるまでお話を伺ったうえで、そもそもいま患者さん本人はどのような状態なのか、積極的な治療とは何を指していて、それは何を期待しておこなう治療なのか、問題を整理するためにお聞きしてみました。すると「そのような具体的なことは説明を受けていないけれど、若いので諦めるのは気が引ける。治療さえすれば何とかなるのではないかと思っていた」とのことでした。それでは意思表示する前提の状況があまりにも不確かです。

 そこで結論ありきではなく、もう一度状態のきちんとした説明を受け、ドクターの考えも聞き、そのうえで再度考えてみてはどうかとお伝えしました。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.