日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > COML患者相談室  > ドクターによって説明や見解が異なって迷いが…
印刷

COML患者相談室

ドクターによって説明や見解が異なって迷いが…

 認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2016年7月号からの転載です)。

医師によって治療方針が異なるのはよくあること?(©ximagination-123rf)

 私(62 歳・男性)は2週間ほど前、自宅で夜中に床に落ちていた物につまずいて転倒しました。両膝に全体重がかかるような状態で倒れて、強打したのです。中学生のころ、バスケットボール部に所属していて、右膝を傷めて以来、右膝にはずっと違和感があり、つねに右膝をかばうようになっています。ところが、そのときはかばう間もなく強打したので、一晩中右膝が不安で一睡もできませんでした。時間が経つごとに右膝が青くなり、腫れてきているような感じでした。しかし、打撲で救急車を呼ぶわけにもいかず、ただただ冷やしていました。

 翌朝になると、右膝よりも左膝のほうが腫れていることに気づきました。きちんと検査を受けたいと思ったのですが、その日は土曜日で近所の大きな病院はお休みでした。そこで、近くの整形外科クリニックを受診することにしました。

 診察を受けると、「右膝は大丈夫ですが、左膝は血が溜まっているようです。まずは抜きましょう」と言われ、注射器2本分の血液を抜かれました。そして、X線写真を撮ったのですが、「左膝のお皿が骨折していますね」との説明だけで、何やら装具を装着されました。その後は「あまり動かさないように」という注意だけで、帰宅を促されました。

 帰宅して妻に状況を説明したのですが、詳しい説明がなかったために、どのように骨折していて、それがどのレベルの骨折なのか、具体的に何も理解できていないことに気づいたのです。そこで、つぎの受診の際に「骨折について、詳しく説明を受けたい」と申し出ました。すると、X線写真は見せてくれたのですが、詳しい説明は得られませんでした。

 そこで、初めに行きたいと思っていた大きな病院に思い切って受診してみました。最初の受診から1週間近く経っていたのですが、改めてX線写真を撮ったところ、「縦に骨折していますから、装具で固定するだけでいいでしょう。手術という選択肢もありますが、ドクターによって考えは異なるところです。最初の写真を見ているわけではないので何とも言えませんが、私だったらあまり長い期間固定しません。固定を外したあとのリハビリについては、この病院ではなく、診療所などをご紹介することになります。ただ、骨折ですからズレが生じてはいけないので、こまめにX線だけは撮りましょう」と言われました。

 まだ、大きな病院に転院するか、元のクリニックにかかり続けるか迷っていたので、その後さらにクリニックに予定通り受診しました。すると、X線写真は撮らず、超音波を当てる治療だけだったので、ドクターに確認すると「X線写真はこの間撮ったばかりだから必要ありません。ともかく固定はしばらくの間続けます」と言われてしまったのです。

 病院とクリニックのドクターの見解が異なるので、どちらを信用すればいいのか迷ってしまいます。じつは、近所で「腕がいい」と評判の整形外科病院があるのですが、ともかくドクターが怖いのです。一度かかって「もう二度と来たくない」と思ったほど、高圧的なドクターでした。いくら腕がよくても、コミュニケーションが成り立たないのは苦痛です。あまりドクターショッピングのようなこともしたくないので、どうしたものかと迷っています。

COMLからのアドバイス
 たしかにドクターによって治療方針や見解が異なることはあって当然なのですが、患者からすれば何を目安に判断すればいいのか迷うところだと思います。この方の場合、いろいろとお話ししているうちに、求めたいことは「きちんと詳しい説明をしてくれる」「治療方法の根拠を示してくれる」ことだといきつきました。リハビリになると転院しないといけないことが大きな病院を選ぶネックになっておられたようですが、検査や治療方針については説明が得られているので安心できるとのことでした。100%満足して治療を受けることは難しいのですが、やはり最後は患者さん本人の納得の基準で選ぶしかないと思います。そこにいきつくまでの過程に私たちの相談活動で寄り添うことができればと思っています。
「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.