日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 病名が「会議で決まった」?
印刷

COML患者相談室

病名が「会議で決まった」?

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2016年5月号からの転載です)。

病気の診断は会議で話し合って決まるものなのでしょうか…。(©hxdbzxy-123rf)

 現在72歳の母は、40歳代のときに子宮体がんを発症し、ある大学病院で手術を受けました。手術のあとは放射線治療を受けたのですが、その後遺症にずいぶん苦しんできました。何度か腸閉塞にもなり、そのたびに入院を余儀なくされました。

 1週間前、また腸に違和感を覚えると言い出し、同じ大学病院に自ら受診しました。すると、「栄養状態もよくないし、精密検査が必要」と言われて、その日のうちに入院になってしまったのです。それ以来、日に日に衰弱が進んでいるようで、いったい何が原因なのかと心配でなりませんでした。

 すると昨日、母の担当医から電話があり、「今朝の診療科の会議で大腸がんと決まりました」と言われたのです。病気の診断が会議で決まるのかと疑問を覚えて尋ねたら、「大腸がんではないという医師もいて意見が分かれたのですが、最終的には大腸がんという結論になったのです」と言われました。そして「お母さんは衰弱がひどいので、体力が戻るまでは手術はできません。食事を摂ることができていないので、2日前に高カロリー輸液のカテーテルを入れたのですが、その際、肺を傷つけてしまったので、いったんカテーテルを抜かなければなりません。その了承をいただきたいのです」と言われました。いったい何が起きたのかと心配で、すぐに病院に行って説明を受けてきました。

 担当医の説明によると「栄養を入れるカテーテルは首のところから静脈に入れたのですが、そのときに誤って肺を傷つけ、一部の肺がつぶれてしまいました。その後、栄養の点滴が落ちないので調べたところ、静脈ではなく動脈にカテーテルが入っていることが判明しました。そのため、いったんカテーテルを抜く必要性が生じたのです。カテーテルを入れる処置をしたのは研修医ですが、我々も横について指導していましたので問題はありません。カテーテルを入れた段階ではレントゲンで異常があると判断できませんでした」という説明でした。そしてさらに、「早急にカテーテルを入れ直したいのですが、お母さんは血液を固まりにくくする薬を服用されていたので、処置中に出血が止まらなくなる可能性があります。そこで、そのこともご承諾いただいたうえで、処置をしたいと思っています」と言われました。出血が止まらなくなることに不安を感じましたが、そのままにしておくわけにもいかず、仕方なく同意しました。結果的には、無事カテーテルの入れ替えは終わったのですが、このまま入院を継続してもだいじょうぶだろうかと心配でなりません。

 処置を終えて、ようやく母と話ができたのですが、最初にカテーテルを入れた研修医は、まるで実験動物を扱うような態度で、とても嫌な思いをしたそうです。せめて病院に「今後は研修医にかかわってほしくない」と言ってもいいものでしょうか。

COMLからのアドバイス
 そもそも家族に病名を伝えるのに、電話で「会議で大腸がんと決まりました」という言い方自体、いかがなものかと思いました。たしかに医療現場では、カンファレンスと呼ばれる話し合いで個々の患者の病気について議論すると聞いています。なかには明確な判断がつきにくく、診断を巡って意見が割れることもあるでしょう。しかし、それを「会議で決まった」と表現するのは、いささか無責任な表現のように思います。せめて「診断が難しい状態だったので、医師が集まって話し合いをしたのですが、現段階では大腸がんと判断することが妥当だろうという結論に達しました。異なる意見もあることから、今後も慎重に見極める努力をしながら治療に当たります」といった説明をしていただきたいものです。
 相談者には、患者本人である母親が処置中に感じた気持ちと研修医への不安を伝え、今回肺を傷つけたり、誤ってカテーテルを挿入したりという事実があったことからも、研修医以外のドクターに対応してほしいという希望を冷静に伝えてはどうかとアドバイスしました。
「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.