日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > いったん非を認めておきながら翻意
印刷

COML患者相談室

いったん非を認めておきながら翻意

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2016年4月号からの転載です)。

急に膝の強い痛みを訴えた母。初めにかかった整形外科では「異常なし」だったが…。(©imtmphoto-123rf)

 75歳の母が急に膝の強い痛みを訴え、近くにある総合病院の整形外科を受診しました。 MRI検査を受けたのですが、整形外科医は「何の異常もありませんから、齢のせいでしょう。痛みには、痛み止めの薬は出しておきましょう」と診断名もつけず、鎮痛薬を出す以外に何の治療もしてくれませんでした。

 4カ月ぐらい様子を見ていたのですが痛みはまったく改善しないのに、整形外科医は何の対処もしてくれません。そこで、思い切ってセカンドオピニオンを受けたいと整形外科医に伝え、4カ月前に撮ったMRIの画像を入れたCDをもらいました。それを持参して、セカンドオピニオン外来ではなく、別の病院の整形外科を初診で受診しました。MRIの画像を見たドクターは、「膝の骨が割れていますね。この状態から4カ月経っているので、さらに悪化している可能性があります。こちらでもMRIを撮ってみましょう」と言われて検査を受けました。画像を見たドクターは「ここまで悪化しているとは……」と思わず言葉をもらし、「しばらくリハビリと温存治療をしてみますが、状態によっては手術になるかもしれません」と言われました。その後、しばらく様子を見ていたのですが、やはり改善することはありませんでした。そのため、手術を受けることになり、来週入院の予定になっています。

 画像を見ただけですぐに骨が割れていると言われたので、最初の病院の読影ミスだと思い、先日病院と話し合いをしてきました。じつは、最初の病院には母親は内科にもかかっていて、その担当が院長なのです。そのような関係もあり、話し合いの場に事務の担当者と一緒に院長自らが出てきました。私(息子)が別の病院に移ってからわかったことを説明すると、院長は「全面的に当院の落ち度です。申し訳ありませんでした。これまでの治療費は全額お返ししますが、それ以外についてはこの場でお伝えしかねますので、しばらくお時間をください」と素直に謝罪してくれました。

 ところが、それから数日後、母親に直接電話があり、「改めてカルテを見直し、調べてみると、当院には何の問題もありませんでした。よって、治療費をお返しすることはできません」と一方的に言って電話が切れたというのです。そこで、再び私が病院に出向いて院長と整形外科の担当医と面談しました。私が「別のドクターが一目見ただけで骨が割れていると指摘したわけですから、MRIの画像の見落としであることは明らかではないですか」と指摘すると、整形外科医は終始下を向いたまま顔をあげようともしません。院長は「私は内科医なので、MRIのことはわかりません」と無責任に突っぱね、話し合いにもなりませんでした。こうなれば法的な手段に訴えるしかないと思っているのですが、その場合、どうすればいいのでしょうか。

COMLからのアドバイス
 最初の病院の院長は一度非を認めて謝罪しておきながら、誰かに相談して「認めるべきではない」と言われて翻意されたのでしょうか。このように態度を二転三転させることは、患者側の不信感を煽ることになりがちです。この方も、最初に素直に認めて謝罪してもらった時点では、支払った医療費の返金だけで納得しようと思っていたのに、態度を翻されたことで「支払った医療費の返還だけでは納得できない気持ちになっている。今度受ける手術の費用はもちろん、母親が受けた苦痛に対する慰謝料も支払ってもらいたい」と態度を硬化させておられました。
 相談者には、法的解決としてどのような手段があるのかを伝え、弁護士のグループや弁護士会のなかの相談窓口などをお伝えしました。
「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.