日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > セカンドオピニオンを勧めるべき?
印刷

COML患者相談室

セカンドオピニオンを勧めるべき?

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2016年4月号からの転載です)。

前立腺がんの再手術が必要と言われショックを受ける叔父。力になるには?(©SERHII VASIUTIN-123rf)

 今年1月に76歳の叔父に初期の前立腺がんが見つかり、腹腔鏡による手術を受けました。私(48 歳・男性)は高校と大学のときに叔父の家に下宿して学校に通っていたので、叔父夫婦にはとてもお世話になりました。叔父夫婦には子どもがいなかったので、まるで自分の子どものようにかわいがってくれたのです。少しでも恩返しをしたいと思い、社会人になってからも時折叔父夫婦の家に遊びに行き、最近ではさまざまな相談にも乗るようになっていました。そのため、前立腺がんが見つかったときも、一番に私に連絡があり、手術前や手術後の説明も一緒に受けました。手術後は担当医から「前立腺がんは非常に初期だったので、手術ですべて取りきれました」と言われて、安心していました。

 ところが、その後も定期的に外来受診をしていたらしいのですが、「PSA」という腫瘍マーカーの値がずっと高いままだと言うのです。そのため詳しい検査がおこなわれた結果、がんの取り残しがあると判明しました。担当医からは「肉眼的に見えないレベルのがんもあるので……。まだ年齢的に耐えうる体力がおありだと思いますので、開腹による再手術をしたほうがいいと考えています。骨への転移はありませんので、再手術をすれば確実に残っているがんは取りきれます」と説明がありました。

 叔父は再手術という説明を聞いて、大きなショックを受けたようです。叔母も「大きな手術をするしかないんだろうか? 先生は年齢的に体力があると言うけれど、一緒に生活していれば、体力は確実に落ちてきていることを実感している。できればからだに負担が少ない手術のほうがいいと思う」と言います。私は少しでも叔父たちの力になりたいと思っているのですが、このような場合にセカンドオピニオンを受けるというのはどうなのでしょうか。

COMLからのアドバイス
 もちろんセカンドオピニオンを受けるということも選択肢の一つだと思いますが、まずは患者さん本人の意向を確認することが大切だと思います。再手術を聞いてショックを受けておられるようなので、まずは気持ちに寄り添いながら共感して胸のうちを聞いてみてはどうかとアドバイスしました。そして、セカンドオピニオン外来の特徴や受け方、注意することなどをお伝えしたうえで、そのことを叔父さんたちにも伝え、相談してみてはどうかとお伝えしました。
「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.