日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 写真データを削除してもらいたい
印刷

COML患者相談室

写真データを削除してもらいたい

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2015年3月号からの転載です)。

 私(35 歳・女性)は2~3年前から生理痛がひどくなり、何か病気でも潜んでいるのだろうかと悩んでいました。婦人科を受診するのは精神的なハードルが高くて、ずっと躊躇していたのですが、最近ますます痛みが増してきているので、思い切って受診することにしました。友人の母親が通っている婦人科クリニックは、70歳代前半の女性のドクターだと聞いたことがあったので、経験もあって、優しく対応してくれるだろうと期待し、そこにかかることにしました。

なかば強引に撮影されてしまい…(©ensup-123RF)

 ところが実際に受診すると、かなり攻撃的な話し方で、威圧感のあるドクターでした。あらかじめ提出させられた問診票は「なぜこんな細かいことを聞くのか?」と疑問を抱くほど立ち入った内容で、私はかなりの部分を空白にしていました。すると「あなたの診断のために必要な問診票なんだから、きちんと記入しなさい。若い子じゃあるまいし」と言われ、私の気持ちにおかまいなく口頭ですべて答えさせられました。

 続いて内診と超音波検査を受けたのですが、痛みを感じて内診台で少しでも動くと、「動かないで!!」と怒鳴られました。診察と検査が終わっても内診台から降ろしてくれないので不思議に思っていたら、何の説明もなくデジタルカメラで私の陰部を撮影していたのです。とても戸惑いましたが、「もしかして、治療のために必要なのかもしれない」と考え、我慢しました。

 ところが、内診が終わって再び診察室に行くと、「顔写真を撮影する」とカメラを向けられたのです。さすがに抵抗を感じて、勇気を振り絞って「何のために撮るんですか?」と聞くと、「顔を思い出せるようにカルテに貼るためよ」と言い、一方的に写真を撮られてしまいました。

 あまりにも一方的な態度と威圧感で、とても抗議することができないまま帰宅しました。精神的にダメージを受け、しばらくはショックで何も手につきませんでした。しかし、ようやく冷静さを取り戻してみると、写真を残されることに屈辱的な嫌悪感が拭い去れなくなってきたのです。何とか写真のデータ削除をしてほしくて、保健所に相談したのですが、「写真を撮るのは医師の方針なので、指導や削除の強制はできません」と言われてしまいました。どうしたらいいのでしょうか。

COMLからのアドバイス

 写真を撮る場合は、やはり最低限、患者に対して事前に理由を説明し、同意を得ることが基本だと思います。個人情報やプライバシーへの配慮が求められている時代に、信じられない対応だと思いました。

 ただ、データの削除を依頼するには、患者さん自身か代理人が申し入れるしかありません。直接出向くか、文書を送る(たとえば内容証明郵便で正式に)か、相談者が実現できそうな方法についてご一緒に考えました。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.