日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 人工肛門のきちんとした説明がなく不信感
印刷

COML患者相談室

人工肛門のきちんとした説明がなく不信感

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2015年2月号からの転載です)。

 53歳の母は半年ほど前、大きな子宮筋腫が見つかり手術が必要と診断されました。術前の説明は私(娘)が一緒に受けたのですが、ドクターからは筋腫の場所や大きさ、切除する範囲などの説明に加え、起こりうるマイナス状況として「出血がひどいと輸血をするかもしれない」「癒着していれば腸を傷つける可能性がある」と聞かされました。母と私は説明に納得し、同意書にサインしました。

事前のきちんとした説明もなく、人工肛門をつけられてしまい…(©racorn-123RF )

 手術では子宮と癒着していた片方の卵巣、卵管を切除したのですが、その際、大腸を傷つけてしまったらしいのです。それは可能性として理解していましたが、傷つけた大腸の位置の関係で人工肛門がつけられてしまったのです。

 人工肛門については事前の説明ではまったく触れられなかったので、母はとてもショックを受けた様子でした。少し落ち着いた段階で、母と私は主治医に時間を取ってもらい、「なぜ人工肛門になったのか、詳しい説明を受けたい」と申し出ました。しかし、「傷ついた大腸の位置の関係としか説明のしようがありません」と言うだけで、納得できる説明は得られないのです。

 また、婦人科病棟では人工肛門に詳しいナースがいなくて、母に適切なアドバイスをしてくれないのです。それに、ショックを受けている母に対する心のケアもなく、とてもよそよそしい対応で、母は「まるで私が悪いことをしたかのようで、逃げ出したくなる」と言っていました。何とか人工肛門の扱いに詳しいナースがいる外科病棟に途中で転棟させてもらったのですが、よそよそしい対応に変わりありませんでした。そのため、3カ月前に退院してからは、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)外来がある別の病院に転院しました。

 退院後、2回病院に話し合いの場を設けてもらったのですが、「何について話し合うのですか?」「時間を設けても、これ以上お伝えすることはありません」と、退院、転院したら関係を終わらせようとしているように思えます。私は病院が何か隠している気がしてならないのですが、どうすれば真実を知ることができるのでしょうか。

COMLからのアドバイス

 もしかしたら、ほんとうに傷ついた大腸の位置の関係で、人工肛門にせざるを得なかったのかもしれません。しかし、相談者の話を聞いていると、しっかりと患者に向き合って誠実に説明しようという病院側の姿勢が感じられず、不信感が増してしまっているようでした。

 手術を担当したドクターの説明では納得できないとなると、第三者のドクターの意見を求めるしかありません。そのためにはカルテ開示や証拠保全という手段を使ってカルテや手術所見、CTやMRIなどの画像を入手し、弁護士を介する必要性が生じます。そのような方法や、必要となる経済的・時間的負担についてご説明しました。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.