日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 人工的に生かす治療をやめてほしい
印刷

COML患者相談室

人工的に生かす治療をやめてほしい

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)では、1990年に活動を開始して以来、医療に関する電話相談を実施しています。これまで、5万件を超える相談に対応してきました。この連載では、プライバシーに配慮した上でCOMLの会報誌に掲載された相談内容と、COMLからのアドバイスをご紹介します(本記事はCOML会報誌2015年2月号からの転載です)。

 2カ月前、1歳3カ月の三男が高熱を出し、いつもかかっている小児科クリニックに連れて行きました。

子どもが「脳死に近い状態」に。延命治療を継続すべきか・・・(©Andrey Malov-123RF )

 クリニックではノロウイルスによる高熱と診断され、「もしかしたら脳症になっているかもしれない」と言われ、大きな病院にクリニックから直接搬送されて入院となりました。病院では「かなり重症の脳症」と言われ、あっと言う間に意識がなくなってしまったのです。いまでは人工呼吸器につながれて、「限りなく脳死に近い状態」と言われています。

 毎日6~7本の点滴がおこなわれ、人工的に生かされている姿を見るのは父親として限界です。ドクターに「もう十分ですから、人工的に生かすのはやめてください」と伝えたのですが、ドクターは「治る可能性はない」と言う一方で、「親だったら、どんな状態でも生きてくれているだけでいい、できるだけの治療を続けてほしいと思うのが普通ではないですか?」と言って、まともに話し合う姿勢すら見せてくれません。医療ソーシャルワーカーに相談したら、ドクターと話し合ってくれたのですが、その結果、医療ソーシャルワーカーもドクターの意見に同調して私を説得する立場になってしまいました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.