日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者相談室  > 人工的に生かす治療をやめてほしい  > 2ページ
印刷

COML患者相談室

人工的に生かす治療をやめてほしい

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

 私のところは1~5歳まで4人子どもがいて、妻は残り3人の世話で大変です。三男の治療については、夫婦ともに意見は一致しています。助かる可能性があるならまだしも、助からないとわかっているのに、なぜドクターの考えを押しつけられないといけないのでしょうか。ドクターはまだ若くて子どももいないので、親の大変さなんて理解できないのかもしれません。

 最近の世相から、あまり積極的に治療をやめてほしいと言い続けたら、ネグレクト(育児放棄)と思われるのではないかと気になって、主張することも気を遣います。かなり精神的にも追いつめられているのですが、どうすればいいのでしょうか。

COMLからのアドバイス

 難しい問題ですが、「助かる見込みがない」と言われ、その状況を理解したうえで、冷静に治療をやめるという決断をすることも一つの選択肢だと思います。ただ、まずはもう一度、夫婦で治療をやめる意思表示をお互いが納得しているのか確認することが大事だと思います。一方の意見を強く反映させている結果になってはいけない問題だからです。

 そのうえで、担当である若いドクターとのやりとりだけではなく、正式に病院と話し合う場を設けてもらってはどうかとアドバイスしました。病院では倫理委員会を設けて、このような倫理的問題が生じた場合に病院としての対応を話し合うところが増えています。その病院に倫理委員会が設置されているかどうかを確認し、そこで諮ってほしいと依頼することも一つの方法ではないかとお伝えしました。

「賢い患者になりましょう」を合言葉に、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加することを目指して1990年に設立。患者と医療者が対立するのではなく、“協働”する医療の実現を目的としている。患者の悩みに対する電話相談、各種セミナー・講座などに積極的に取り組んでいる。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.