日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 1日1箱のタバコより格安! AGAを元から抑える方法  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

1日1箱のタバコより格安! AGAを元から抑える方法

“薄毛ホルモン”に変える元を薬で抑える

 伊藤和弘=フリーランスライター

「ハゲの原因」を元から抑える

 最も確実な治療法は「薬」だ。

 たとえば薬局で売られている外用薬のリアップ(ミノキシジル)は、毛乳頭内のIGF-1(インスリン様成長因子-1のこと。DNAに働きかけ細胞分裂を促進し、細胞の特性を高めるように働く)を増やし、毛母細胞の分裂をうながす。育毛作用はしっかり確認されているが、「効果はフィナステリドがいちばん」と佐藤院長は言う。

2006年から2009年にかけて東京メモリアルクリニック・平山で行われた調査の結果
[画像のクリックで拡大表示]

 フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑えることで、テストステロンが恐怖のDHTに変わることを防ぐ。つまり、「髪が抜ける原因」を取り除くわけで、メカニズムから見ても育毛作用は大きく期待できる。

 フィナステリドが配合された薬の商品名はプロペシアという。「AGAの内服薬」として有名だ。東京メモリアルクリニック・平山で、3177人のAGA患者にプロペシア(1日1mgのフィナステリド配合)を服用してもらったところ、なんと87.1%もの人が改善したと報告されている(グラフ参照。J Dermatol;39,27-32,2012)。

21歳男性がプロペシアで4年間治療。30カ月後の経過。写真提供:東京メモリアルクリニック・平山
[画像のクリックで拡大表示]

 プロペシアは処方箋が必要で、一般には皮膚科で処方してもらえる。保険は適用されないため自費診療になるが、1カ月(1日1錠)の費用は8000~9000円程度。1日1箱タバコを吸うよりも安くすむ計算になる。

 ところで先生、プロペシアといえば「副作用でEDになる人も多い」というウワサもありますが?

 「理論的にはあり得ない。フィナステリドをのむと、血中のテストステロン濃度はむしろ上がるという報告もある(J Am Acad Dermatol.1999 Oct;41(4):550-4)。実際にEDになる人も数%いるが、暗示の影響が大きいのではないだろうか」(佐藤院長)

 ちなみに佐藤院長自身も、かれこれ7年以上プロペシアをのみ続けているという。薄くなりかけていた髪はたちまち元気を取り戻し、56歳の現在もご覧の通りだ。

(イラスト:うぬまいちろう)

佐藤明男さん
東京メモリアルクリニック・平山院長
佐藤明男さん 北里大学医学部卒業。北里大学病院形成外科勤務後、英国オックスフォード大学に国費留学。東京メモリアルクリニック・平山副院長を経て、2001年に同クリニック院長に就任。北里大学医学部寄付講座再生医療形成外科学特任教授。医療法人TMC理事長。著書に『医療的育毛革命』(講談社プラスアルファ新書)、『なぜグリーン車にはハゲが多いのか』(幻冬舎新書)など。
日経トレンディネット2013年7月13日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.