日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 心臓だってウコンでアンチエイジングできる!?
印刷

男こそアンチエイジング!

心臓だってウコンでアンチエイジングできる!?

肝機能改善だけではなかった、クルクミンの驚くべき効果

 伊藤和弘=フリーランスライター

 年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。
 今回のテーマは「心臓のアンチエイジング」。あるひとつのスパイスに含まれる成分がさまざまな効果を発揮することが分かってきた。それはクルクミン。心不全の進行も抑えるというクルクミンについて、順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学の堀江重郎教授と、静岡県立大学薬学部分子病態学分野の砂川陽一助教に解説してもらう。

 新年会などで酒席が増えるこの季節、ウコンのお世話になっている人も多いだろう。ウコンがアルコールの分解を速めることは医学的に確認されており、悪酔いや二日酔いを防ぐ効果は広く知られるようになった。

 その有効成分はクルクミンという黄色の色素成分。カレーが黄色いのも、ウコンにクルクミンが入っているためだ。その効果は肝機能改善だけではない。驚くべき効果が次々と明らかになり、アンチエイジング医学界で注目を集めている

 まず、がんに対する効果。すい臓がんが改善した(Clin Cancer Res. 2008 Jul 15;14(4):4491-9)など、多くの報告がある。京都医療センター整形外科診療部の中川泰彰部長たちによって、変形性膝関節症に対する効果も報告された。患者に1日180mgの高吸収型クルクミン(セラクルミン)の投与を8週間続けた結果、痛みの強さを示すVASスコアが低下したという(J Orthop Sci. 2014 Nov;19(6):933-9)。

 脳に対する効果も研究が進んでいる。クルクミンは脳内のセロトニンを増やす抗うつ作用がある(Psychopharmacology(Berl).2008 Dec;201(3):435-42)。また、アルツハイマー病は脳にアミロイドβ(ベータ)というたんぱく質がたまることで起こるが、クルクミンはこのアミロイドβがたまりにくくする(J Pharmacol Exp Ther.2008 Jul;326(1):196-208)。実際、毎日ウコンを使ったスパイス料理を食べるインドでは、アルツハイマー病の発症率が米国の4分の1しかない。

 ウコンには鉄が多く含まれているので大量にとると害があるが、クルクミン自体は安全性が高く、少々とりすぎても危険はないとされている。

 なぜクルクミンがこれほど幅広い分野で効果を発揮するのか。最大の理由は「強い抗炎症作用にある」と、順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学の堀江重郎教授は説明する。

「がんやアルツハイマー病をはじめ、多くの病気が炎症から引き起こされる。クルクミンはNF-kBという生理活性物質の働きを抑えることで体内の炎症反応を抑える」

 最近は心臓に対する作用も研究されている。クルクミンによって、心不全が改善する可能性が高いというのだ!

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.