日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 大革命か!? EDを治療するマシン「ED1000」の効果は?  > 2ページ
印刷

男こそアンチエイジング!

大革命か!? EDを治療するマシン「ED1000」の効果は?

薬が効かなかった人にも朗報! 衝撃波で血管新生を促す

 伊藤和弘=フリーランスライター

治療費は、某クリニックでは約40万円

 EDはさまざまな原因で起こる。甘酸っぱいチェリーボーイにありがちなのは「緊張して立たない」という心因性のもの。それに対し、年を取ると機能的な原因で立たないことが増えていく。そんな悲しいお父さんたちにこそ、ED1000は威力を発揮する。

 ペニスの動脈は細いので、動脈硬化の影響が真っ先に表れる。前回も紹介した日本性科学情報センターで行われた調査によると、日本人男性では40代の20%、50代の40%、60代の60%がEDと推測される(日本臨床60,200-202,2002)。年齢が上がるほど増えていくのは、血管の機能が衰えていくことが大きいのだろう。ペニス(海綿体)の血管からNO(一酸化窒素)が出ることで血管が拡張するが、動脈硬化によって血管が衰えると充分なNOが出せず、若き日のような「ピンピン」は難しくなってしまう。

 バイアグラなどPDE5阻害剤は、あくまで「勃起の邪魔をするPDE5を抑える」ものなので、血管からNOが出なければ効果はない。ところが、ED1000は新しい血管を作ることで血管機能を回復させるため、そういう人にこそ効く。また、セックスのたびにのまなければいけないPDE5阻害剤と違って、「EDを根本的に治す」ことも期待できるのだ!

[画像のクリックで拡大表示]

 日本でED1000の輸入代行を行っているメディテックファーイーストによると、ED1000による治療を受けられるクリニックは東京、名古屋、大阪、広島の4都市でわずか6施設しかない(2013年6月時点)。健康保険は利かないので自費診療。ちなみに名古屋市の某クリニックでは、約40万円で9週間12回の治療を受け付けている。

 一方、大学病院の臨床試験なら無料だ。堀江教授の順天堂大学でも近い将来、臨床試験を予定しているという。気になる人は要チェックですよ!

 ED1000も万能ではなく、帝京大学の臨床試験を見ても効果がなかった人も意外といる。しかし中高年のED、とりわけ「血管の衰えによるED」に効果が期待できるのは間違いない。何年かしたら、「ED治療にはED1000」が当たり前になるのかもしれないなぁ。

(イラスト:うぬまいちろう)

堀江重郎(ほりえ しげお)さん
順天堂大学医学部泌尿器科学講座 教授
東京大学医学部卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学主任教授に就任。12年から順天堂大学医学部・大学院医学研究科教授を兼務。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会理事。一般向けの著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『ササッとわかる男性機能の不安に答える本』(講談社)など。
日経トレンディネット2013年6月21日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.