日経グッデイ

男こそアンチエイジング!

急ピッチで老化が進む! 侮れない「睡眠時無呼吸症候群」

メタボ男性の健康状態を悪化させる恐れが

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、若い頃の外見・体力・健康はいつまでも保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。
今回のテーマは「睡眠時無呼吸症候群」。夜寝ている時、なんとなく苦しくなって目が覚める―そんなことはないだろうか。放っておくと生活習慣病につながるという侮れない症状について、その最新治療法を紹介しよう。

 「お酒を飲んで眠ると鼻が詰まり、苦しくて目が覚めることは以前からありました。14年前(2000年)の検査で、睡眠時無呼吸症候群と診断されたんです」

 そう話すのは、日本抗加齢医学会理事長も務める慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授。睡眠時無呼吸症候群とは、その名の通り「眠っているときに呼吸が止まってしまう病気」だ。虎の門病院(東京都港区)睡眠呼吸器科の成井浩司部長によると、「10秒以上の無呼吸・低呼吸(呼吸停止)が一晩に30回以上、または1時間に5回以上あり、昼間の眠気など自覚症状を伴う状態」が睡眠時無呼吸症候群(以下SAS=Sleep Apnea Syndrome)と定義されている。

[画像のクリックで拡大表示]

 日本では男性の9%、女性の3%に見られ、国内の推定患者数は約500万人。重症になると10秒以上の呼吸停止が1時間に30回以上、つまり2分に1回以上ものペースで呼吸が止まるという。中枢神経に原因があって呼吸が止まる「中枢型」もあるが、ほとんどは睡眠中に気道がふさがって息ができなくなる「閉塞型」。特に40~60代の男性に多く、太っているとなりやすい。のどの周辺に脂肪がついて気道が狭くなるためだ。

 呼吸が止まるといっても、そのまま死に至ることは滅多にない。苦しくなれば自然に呼吸を再開するが、体にかかるストレスは相当なもの。当然眠りも浅くなるし、坪田教授のように苦しくて目が覚めてしまうこともある。熟睡できないため、昼間も眠気が取れない。2012年7月、首都高速湾岸線で6人が死傷した追突事故があったが、このとき自動車運転過失致死傷容疑で逮捕されたトラック運転手もSASだったという。

[画像のクリックで拡大表示]

メタボ男性は要注意!

 事故の危険だけに限らず、日中の眠気はあらゆる仕事に影響するだろう。労働意欲も落ちるし、作業効率も落ちる。ミスだって多くなるに違いない。

 それだけではなく、生活習慣病にもつながる。睡眠中に呼吸が止まると、「血液中の酸素が少なくなるので交感神経が優位になって血圧が上がる。インスリンの感受性が悪くなって糖尿病にもなりやすくなるし、動脈硬化も進む」と成井部長は警告する。

 虎の門病院睡眠センターで751人のSAS患者を調べると、63.8%が高血圧、51.1%が脂質代謝異常、17.7%が糖尿病を合併していた。生活習慣病になると動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中を起こすリスクも高くなる。その結果、SASになると心血管疾患を起こすリスクが約2倍に高まるという。成井部長は、「SAS患者の4割はメタボリック・シンドローム。40~60代の男性が多いのも、太っている人が多いせいだろう」と話す。

[画像のクリックで拡大表示]

 SASの特徴は大きないびきだ。

 いくら大きないびきをかいても、呼吸さえ止まらなければSASではない。とはいえ、決して安心はできないという。「いびきは気道が狭くなっている証拠だし、睡眠も浅くなる。睡眠中の無呼吸がなくても、昼間に眠気があるようなら積極的に治療を考えたほうがいい」と成井部長は注意する。

 眠りが浅いと老化も進む。

 熟睡時に分泌される成長ホルモンには、脂肪を分解し、筋肉を増強し、意欲を生み出す効果がある。アンチエイジングのためには非常に重要なホルモンだ。通常でも30歳を過ぎると分泌量が減るが、ひどいいびきやSASで熟睡できないと、ガクンと分泌量が落ちる。そのため体脂肪もたまり、老化も急ピッチで進んでしまうというわけだ。

 うーむ。「大いびき」というと、横で寝ている人には迷惑でも本人はいい気持ち――と思っていたけど、実際は本人にも深刻なダメージを与えていたのだなぁ。

 若さと健康を保つためには、安眠を妨げるSASは放っておけない。いびきが大きければ要注意だ。気になる人は早速検査を受けてみよう。

 日本睡眠学会では、2014年5月現在、全国442人の認定医リストを公開している。この中から近所の医療機関を選べばいいだろう。また、成井部長が顧問を務める日本睡眠総合検診協会では、かかりつけの医師から連絡してもらうことによって保険が適用され、3,000円前後の検査費用で睡眠中の呼吸状態をチェックできる。

使い始めた日から実感できる治療法がある

 SASの治療法には外科的な手術もあるが、最も手軽で有効性も高いのはCPAP(シーパップ。Continuous Positive Airway Pressureの略)療法だ。

 これは鼻につけたマスクから一定の圧力で空気を送ることで気道を広げ、睡眠中に気道がふさがらないようにするというもの。1時間に20回以上呼吸停止が見られる場合は保険適用になり、1ヵ月5000円程度で治療が受けられる。

 熟睡できるようになるのはもちろん、「成長ホルモンの分泌が増え、活力が出て運動するようになるせいか、CPAPを使いだすと体重が減る人も多い」と成井部長。最近は呼吸状態に合わせて自動的に空気を送る圧力が変わる「オートCPAP」も出ている。著名人の間でも愛用者は多く、俳優の高橋英樹氏も成井部長の指導のもと使っているそうだ。

 動脈硬化の改善効果も確認されている。重症のSAS患者を追跡調査したところ、12年間で15%以上が「命にかかわる心血管系疾患」を起こしたが、CPAPを使っている人たちは健康な人と同レベルにまで発症率が抑えられた(Lancet 2005;365:1046-53)。

 冒頭に登場した慶應義塾大学医学部の坪田一男教授は、SASと診断されてから2回手術を受けた。手術直後はぐっすり眠れたが、いずれも数年経つと再発。2008年に成井部長に相談し、CPAPを使い始めたという。

 効果は初めて使った日から実感した。以来、一日も欠かさずにCPAPを使い続けている。出張にも必ず持っていくというから徹底している。

 「夜中にトイレに起きることも少なくなったし、毎朝ゴキゲンな顔をしている。タクシーや電車に乗っても居眠りすることはほとんどなく、時間を有効に使える。貧血が良くなり、血圧が下がるなど、健康診断の数値も軒並み良くなった。唯一悪くなったのがγ-GTP。苦しくて目が覚めることがなくなったお蔭で酒量が増えたせいだろうね。」

 坪田教授はそう言うと、真っ白な歯を見せて笑った。


(イラスト/うぬまいちろう)

成井浩司さん
虎の門病院 睡眠呼吸器科 部長
1982年、東海大学医学部卒業。東海大学第2内科、虎の門病院呼吸器科を経て、シドニー大学のコリン・サリバン教授のもと「オートCPAP」の共同研究に携わる。2003年、虎の門病院睡眠センター長に就任。09年から現職と兼務。日本睡眠学会睡眠専門医、日本呼吸器学会専門医。著書に『睡眠時無呼吸症候群のすべて』(三省堂)、『意外とこわい睡眠時無呼吸症候群』(講談社+α新書)など。
日経トレンディネット2014年6月19日付け記事からの転載です。