日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 急ピッチで老化が進む! 侮れない「睡眠時無呼吸症候群」
印刷

男こそアンチエイジング!

急ピッチで老化が進む! 侮れない「睡眠時無呼吸症候群」

メタボ男性の健康状態を悪化させる恐れが

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、若い頃の外見・体力・健康はいつまでも保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。
今回のテーマは「睡眠時無呼吸症候群」。夜寝ている時、なんとなく苦しくなって目が覚める―そんなことはないだろうか。放っておくと生活習慣病につながるという侮れない症状について、その最新治療法を紹介しよう。

 「お酒を飲んで眠ると鼻が詰まり、苦しくて目が覚めることは以前からありました。14年前(2000年)の検査で、睡眠時無呼吸症候群と診断されたんです」

 そう話すのは、日本抗加齢医学会理事長も務める慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授。睡眠時無呼吸症候群とは、その名の通り「眠っているときに呼吸が止まってしまう病気」だ。虎の門病院(東京都港区)睡眠呼吸器科の成井浩司部長によると、「10秒以上の無呼吸・低呼吸(呼吸停止)が一晩に30回以上、または1時間に5回以上あり、昼間の眠気など自覚症状を伴う状態」が睡眠時無呼吸症候群(以下SAS=Sleep Apnea Syndrome)と定義されている。

[画像のクリックで拡大表示]

 日本では男性の9%、女性の3%に見られ、国内の推定患者数は約500万人。重症になると10秒以上の呼吸停止が1時間に30回以上、つまり2分に1回以上ものペースで呼吸が止まるという。中枢神経に原因があって呼吸が止まる「中枢型」もあるが、ほとんどは睡眠中に気道がふさがって息ができなくなる「閉塞型」。特に40~60代の男性に多く、太っているとなりやすい。のどの周辺に脂肪がついて気道が狭くなるためだ。

 呼吸が止まるといっても、そのまま死に至ることは滅多にない。苦しくなれば自然に呼吸を再開するが、体にかかるストレスは相当なもの。当然眠りも浅くなるし、坪田教授のように苦しくて目が覚めてしまうこともある。熟睡できないため、昼間も眠気が取れない。2012年7月、首都高速湾岸線で6人が死傷した追突事故があったが、このとき自動車運転過失致死傷容疑で逮捕されたトラック運転手もSASだったという。

[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.