日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 85歳で現役バリバリ! 日本男性医学の父に聞く“かっこいい長生きの秘訣”  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

85歳で現役バリバリ! 日本男性医学の父に聞く“かっこいい長生きの秘訣”

食事は毎日肉を欠かさない! 週1回は加圧トレーニングも実践

 伊藤和弘=フリーランスライター

朝食は肉と卵を食べる! 加圧トレーニングも

80代になっても先生くらい元気だったら素晴らしいと思います。ぜひ、ご自身の健康法や生活習慣を教えてください。

熊本氏:週1回、加圧トレーニングをやっています。食事は毎日肉を欠かさない。朝からハンバーグと玉子焼きです。M・E・Cって知ってる? ミート、エッグ、チーズ。たんぱく質中心の「断糖食」です。ご飯は主食じゃなくて、おかずの感覚。西洋料理のパンのように、ときどき口に運ぶ。1日3食で茶碗1杯くらいかな。

 睡眠は6時間くらい。普段は1時頃に寝て、7時から8時くらいに起きる。男性ホルモンが減ると、レム睡眠が乱れて3時間くらいで目が覚めてしまうようになる。レム睡眠のときは勃起しているので、朝立ちはしっかりレム睡眠が取れているサイン。朝の勃起が回復すると、「夜中に目が覚めなくなりました」と言う人が多いんです。

 もともと男性ホルモンは高い方だったけど、80歳頃から自分でも補充するようになった。テストステロン製剤250mgを体調に合わせて月に1~2回注射します。

男性ホルモン補充療法は「危険がある」という報告もありますが(男性ホルモンが増えれば、メタボを予防できる!?)……。

熊本氏:確かに、「絶対に危険がない」とは言えない。でも、例えば交通事故は毎日起きている。みんな、ある程度の危険があるのは分かった上で、事故を起こさないように注意して車を運転してるわけです。危険があるかもしれないから、とせっかく進んだ医学を利用しないのは「車は危ないから歩きなさい」と言っているようなものだと思う。

 昔は男も女も50歳くらいが平均寿命で、それ以上は余生だったわけです。だけど今は80歳まで生きるようになった。いくら寿命が延びても、ただ長生きすればいいってもんじゃないでしょう。大事なのは「ヘルシー・アクティブ・ロングライフ」だよね。元気で長生きしようと思ったら、男も女も男性ホルモンですよ!

(イラスト/うぬまいちろう)

熊本悦明さん
札幌医科大学 名誉教授
1929年、東京生まれ。55年、東京大学医学部卒業。同泌尿器科学講座講師を経て、68年に札幌医科大学医学部泌尿器科学講座主任教授に就任。日本メンズヘルス医学会理事長。日本抗加齢医学会顧問。著書に『アダムとイヴの科学』(光文社)、『男はなぜ女より短命か』(実業之日本社)など。
日経トレンディネット2015年06月11日付け記事からの転載です。記事中の年齢などのデータは、日経トレンディネット掲載時のものです。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.