日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 脳卒中の前触れ?  EDは動脈硬化のサインかも  > 2ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

脳卒中の前触れ?  EDは動脈硬化のサインかも

朝の生理現象は血管の衰えを表す

 伊藤和弘=フリーランスライター

バイアグラが「男を立てる」仕組みとは?

 いざEDになったら、どうすればいいだろう?

 基本は食事や運動だ。前回も触れたように、スイカや冬瓜などウリ類に含まれるシトルリンにはNOを作って血管を拡張させる働きがあり、勃起力を高めてくれる。しかし、本格的なEDになってしまったら、生活の見直しだけで治すのは難しい。

 最も効果が期待できるのはバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)の「フィル3兄弟」ことED治療薬だ。これらはPDE5阻害薬といって、昔ながらの怪しげな媚薬や強精剤とはまったく異なる。

 ただし、本人の意思と関係なく、機械的に勃起させる類の薬でもない。どのように「男を立てる」のか説明しよう。

[画像のクリックで拡大表示]

 男がいやらしい意味でコーフンすると、それが脊髄を通ってペニスの海綿体神経に伝えられる。すると神経からNOが出て、海綿体の中にサイクリックGMPという物質が増える。このサイクリックGMPに海綿体の筋肉を緩める作用があり、海綿体の血管がブワッと広がる。その結果、大量の血液がドドッとペニスに流れ込む。

[画像のクリックで拡大表示]

 ところが海綿体の中には、せっかく増えたサイクリックGMPを壊してしまうPDE5という風紀指導の先生みたいな酵素もいる。バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬は、このPDE5の働きを抑える。つまり、男が「やりたい!」と燃えたとき、「ブレーキを抑える」ことで、のびのびとサイクリックGMPを増やしてくれるわけだ。

 これらPDE5阻害薬は、いざというとき使う“ポパイのホウレンソウ”のようなイメージが強いが、堀江教授はセックスと関係なく、長期の服用を勧める。

 「週1回、バイアグラやシアリスを1錠のみ続けると、血管力が回復し、テストステロン値も上がり、体内の活性酸素も減ることがわかってきた」と堀江教授。(グラフ参照)

 アリかも! 1錠2000円くらいするが、毎日タバコを1箱吸うよりは断然お得。さらに、「実は今、EDの世界で大革命が起きようとしている」と堀江教授は不敵な笑みを浮かべる。内服薬に続き、なんと「EDを治すマシン」が登場したというのだ。

 マ、マジですか、先生!? 続きは次回に!

(イラスト:うぬまいちろう)

堀江重郎(ほりえ しげお)さん
順天堂大学医学部泌尿器科学講座 教授
東京大学医学部卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学主任教授に就任。12年から順天堂大学医学部・大学院医学研究科教授。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会理事。一般向けの著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『ササッとわかる男性機能の不安に答える本』(講談社)など。
日経トレンディネット2013年05月31日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.