日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 脳卒中の前触れ?  EDは動脈硬化のサインかも
印刷

男こそアンチエイジング!

脳卒中の前触れ?  EDは動脈硬化のサインかも

朝の生理現象は血管の衰えを表す

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 今回は、多くの男性が悩んでいる「ED(勃起障害)」について。順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授に2回にわたって解説してもらう。

 「哺乳類のオスは例外なく勃起して、子孫を増やす。勃起しないのは生物として大変なこと」と、順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授は言い放つ。

 セックスしたくても勃起しない状態には、かつて「インポテンス」(性的不能)というドSな言葉が使われていたが、最近はソフトに「ED」と呼ぶ。Erectile Dysfunctionの略で、「勃起障害」と訳される。日本性機能学会によると「75%以上の確率で、勃起が不十分なため満足なセックスができない」状態。全然立たないのはもちろん、“夜の打率”が3割を切っていたら、ほぼEDというわけだ。「中折れ」なども含まれる。

[画像のクリックで拡大表示]

 ここで「ドキッ!」とした人もたくさんいるに違いない。なにしろ、10年以上前になるが、日本性科学情報センターで行われた調査によると、当てはまる日本人男性は実に約1130万人! 40代の20%、50代の40%、60代の60%もいて、今や、おじさんになれば珍しい症状ではない(日本臨床60,200-202,2002)。みんな、内緒にしているだけなのだ。

EDは心臓病や脳卒中の前触れかもしれない?

 下半身の悩みの中でも、いちばん深刻なのがEDだろう。セックス自体ができないEDに比べれば、短小も早漏もぜいたくな悩みに過ぎない。しかも、話はそれだけで終わらない。

 「男性の血管は大厄の42歳頃から衰え始める。最初に表れる症状が勃起力。EDは最初の生活習慣病とも呼べる」と堀江教授は言う。

 ペニスの動脈は細いので、動脈硬化の影響が真っ先に表れる。つまり、EDは心臓病や脳卒中の前触れかもしれないというワケだ。

 たかが勃起、されど勃起。その偉業を達成するには、3つのハードルをクリアしなければいけない。まず、副交感神経が優位になること(リラックスした状態)、次にテストステロン(男性ホルモン)が充分あること、そして神経や血管の中からNO(一酸化窒素)が出てペニスの血管を広げることだ。年を取って「血管力」が衰えると、充分なNOが出なくなる。そして、勃起しにくくなってしまう。

 「心臓病や脳卒中もNO不足から起こるし、脳内でNOが出なくなると、うつ病になりやすくなる。実際、うつ病の人は1年くらい前から勃起しない」と堀江教授。

[画像のクリックで拡大表示]

 最近セックスをしていない人も、勃起力の衰えは「朝立ち」を見ればわかる。

 「40代で1週間朝立ちがなければ問題がある。朝立ちの回数が減ったということは、血管力が衰えているサイン。食事や運動など、改めて生活習慣を見直すきっかけにしてほしい」と堀江教授はアドバイスする。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.