日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 「脂肪肝ドック」で脂肪のたまり具合が正確に分かる?
印刷

男こそアンチエイジング!

「脂肪肝ドック」で脂肪のたまり具合が正確に分かる?

肝臓に脂肪がたまる仕組みを解説

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見や体力、健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは「脂肪肝ドック」。2016年10月に日本で初めて「脂肪肝ドック」を始めた、新百合ヶ丘総合病院予防医学センターの袴田拓(はかまだたく)部長に脂肪肝についてあらためて解説してもらう。

 そろそろ忘年会シーズンに入る。これから年明けにかけては、一年で最も酒席の多い季節といっても過言ではない。毎晩のように痛飲し、翌朝は重い体を引きずって会社に向かう。二日酔いの中、「もう若くもないのに、オレの肝臓、大丈夫?」と心配になる人も少なくないだろう。

 ご存じの通り、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれる。多少の異常が起こっても、よほどのダメージを受けない限り自覚症状は感じられない。不調を自覚したときは、そうとう症状が進んでいるというわけだ。

 肝臓を壊して亡くなる人は想像以上に多い。2015年の人口動態統計によると、「がんを除く肝疾患」は男性の死因第10位にランクイン。同年には肝がんで2万8889人、肝硬変などの肝疾患で1万5659人が他界している。

 肝硬変や肝がんは脂肪肝からも始まる。肝臓が気になる人は、早めにチェックしたほうがいいだろう。そこでお薦めしたいのが「脂肪肝ドック」。2016年10月、新百合ヶ丘総合病院(川崎市)で日本初となる脂肪肝ドックが始まったのだ!

アルコールで肝臓に脂肪がたまる

 臓器の外側につく内臓脂肪に対して、脂肪肝とは肝臓の中に脂肪がたまった状態。「肝臓の5%を超えた脂肪があれば脂肪肝。日本では成人の3分の1が脂肪肝という報告もある」と同病院予防医学センターの袴田拓部長は話す。

 10年近く前の調査だが、健康診断を受けた日本人(35~69歳)1578人のうち、なんと32%が脂肪肝だった(J Clin Biochem Nutr. 2009 Jul;45(1):56-67)。脂肪肝は決して珍しい病気ではない。しかし脂肪肝が進むと肝臓に炎症が起こり、細胞が破壊される。破壊と再生を繰り返すうちに肝臓の繊維化が進んで肝硬変に。肝がんを発症することもある

 肝臓に脂肪がたまる原因は、まず酒。さらに食べ過ぎや運動不足だ。「つまり、脂肪肝は生活習慣病の一つといえる。太っている人に多いし、糖尿病や脂質異常症を併発している人も多い」と袴田部長は指摘する。

 脂肪肝は大きくアルコール性と非アルコール性に分けられる。「男性なら1日に平均してアルコールを30グラム以上、女性なら20グラム以上飲んでいる人はアルコール性と診断される」と袴田部長。アルコール健康医学協会によると、20グラムのアルコールとは日本酒1合(180ミリリットル)。ビールなら中瓶1本(500ミリリットル)、ウイスキーならダブル1杯(60ミリリットル)に相当する。つまり、30グラムは日本酒1.5合だ。

 酒で脂肪肝になる理由は、大きく2つある。まず、アルコール自体が中性脂肪の原料になること。またアルコールが代謝されている間は肝臓で脂肪をスムーズに代謝できず、脂肪が肝臓にたまりやすくなってしまう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.