日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 「脂肪肝ドック」で脂肪のたまり具合が正確に分かる?  > 3ページ

男こそアンチエイジング!

「脂肪肝ドック」で脂肪のたまり具合が正確に分かる?

肝臓に脂肪がたまる仕組みを解説

 伊藤和弘=フリーランスライター

脂肪のつき具合、肝臓の硬さが正確に分かる

 このように肝臓にたまった脂肪を落とすことはできるが、「いったん繊維化した肝細胞は酒をやめても元には戻らない」と袴田部長。繊維化を起こす前に、早い段階で脂肪肝を自覚して生活を改めることが大切だろう。

 とはいえ、脂肪肝は自覚できない。脂肪肝になったからといって痛みや不調は感じないし、急に酒に弱くなるわけでもない。その意味では糖尿病や高血圧など、他の生活習慣病とも似ている。血液検査で肝機能の数値は分かるが、脂肪肝の進行度、肝臓にどれくらい脂肪がたまっているかまでは分からない。

 従来の脂肪肝やNASHの検査方法には、針を刺して肝臓の細胞を取り出す肝生検や超音波検査があった。肝臓に針を刺すのはそれなりにリスクも痛みもあるし、超音波検査では軽度の脂肪肝は見落とされる。それに対して、「脂肪肝ドック」ではMRI(磁気共鳴断層撮影装置)による「MRエラストグラフィ」という画像診断法が使われている。

脂肪肝ドックはMRI(磁気共鳴断層撮影装置)で検査する
[画像のクリックで拡大表示]

 「脂肪のつき具合、肝臓の硬さを正確な数値で割り出すことができるし、がんも発見できる画期的な検査法。30分程度で終わるし、苦痛は全くない。脂肪肝や肝機能障害を指摘された人はもちろん、40歳を超えた人はなるべく受けたほうがいい」と袴田部長は話す。

 保険は適用されないが、新百合ヶ丘病院での料金は税別3万5000円。2~3週間後に検査結果が郵送されるという。

 実際の検査はどのように行われるのか? 早速、試してみなければ。というわけで、次回は引き続き「脂肪肝ドック」体験記をお届けしよう!

(イラスト/うぬまいちろう)

袴田 拓(はかまだ たく)さん
新百合ヶ丘総合病院予防医学センター 部長
1992年、筑波大学医学専門学群卒業。つくば双愛病院消化器内科、霞ヶ浦成人病研究事業団健診センター勤務などを経て現職。同病院消化器内科科長も務める。日本肝臓学会専門医。日本消化器病学会専門医。日本人間ドック学会人間ドック健診専門医。
日経トレンディネット2017年1月19日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.