日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 「脂肪肝ドック」で脂肪のたまり具合が正確に分かる?  > 2ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

「脂肪肝ドック」で脂肪のたまり具合が正確に分かる?

肝臓に脂肪がたまる仕組みを解説

 伊藤和弘=フリーランスライター

酒を飲まなくても脂肪肝になる

 一方、アルコールの摂取量が少ない場合は非アルコール性脂肪肝(NAFLD)と呼ぶ。最近は広く知られるようになってきたが、全く酒を飲まない人でも脂肪肝になる。「NAFLDを放っておくと、約3分の1がNASH(非アルコール性脂肪肝炎)に移行する」と袴田部長。さらにNASH・NAFLDの診療ガイド2010によると、NASH患者の5~20%が10年以内に肝硬変を発症し、さらに肝硬変になると、年率約2%で肝がんを発症するという。

 すでに触れたように、NAFLDの主な原因は食べ過ぎや運動不足で、肥満の人が多い。

 体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った数字をBMI(体格指数)と呼び、日本では25以上を「肥満」としている。8000人以上を対象にした調査から、BMIと脂肪肝の罹患率が正比例することが分かった。BMIが25~28の人は58.4%、28以上の人は84.2%が脂肪肝だったという(J Gastroenterol. 2012 May;47(5):586-95)。

 袴田部長によると、「脂肪肝には薬もあるが、決定的なものはない」という。暴飲暴食を控え、運動することが脂肪肝の最大の予防法であり、また治療法にもなっている。

 食事や運動で内臓脂肪が減るように、脂肪肝も節酒や運動で改善する。糖尿病など他の生活習慣病が良くなると、脂肪肝が改善することも多いという。筑波大学医学医療系の正田純一教授らの研究では、ウォーキングなどの運動を週250分(1日換算約35分)以上で3カ月間続けると、明らかにNAFLDが改善した(Hepatology. 2015 Apr;61(4):1205-15)。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.