日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 「アンチエイジングドック」ってなんだ? 人間ドックとどう違うの?
印刷

男こそアンチエイジング!

「アンチエイジングドック」ってなんだ? 人間ドックとどう違うの?

筋肉、血管、神経、ホルモン、骨の5つを調べ、自分の“かくれ老化”を知る

 伊藤和弘=フリーランスライター

年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは自分の老化度を検査することができる「アンチエイジングドック」について。病的な老化の早期発見、予防にもつながるアンチエイジングドックとはどういうことを調べるのかを同志社大学大学院生命医科学研究科、アンチエイジングリサーチセンターの米井嘉一教授に解説してもらう。

 日本鋼管病院(神奈川県川崎市)の消化器内科医だった米井教授が日本初の「アンチエイジングドック」を開設したのは20世紀の終わり、2000年12月のことだった。

 まだ日本でほとんど知られていなかった「アンチエイジング医学」に興味を持った米井教授は、1999年に渡米し、専門病院や学会で多くの講習を受けた。アンチエイジングは「抗老化」と訳されるが、実際は「老化にあらがう」不自然なものではなく、「病的な老化を防ぐ」予防医学だと知る。

 人間は本来、120歳まで生きられるポテンシャルを持っているという。しかし、実際は多くの人が70歳や80歳で他界してしまう。それは病的な老化によって、がんや心臓病などの病気を引き起こし、寿命をまっとうできなくなるためだ。

 「その頃、ちょうど人間ドックの担当になった。がんや生活習慣病などを早期発見するのが人間ドックの目的。同じように“病的な老化”を早期発見、早期治療するドックは有意義ではないかと考えた」と米井教授は振り返る。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.