日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 男性ホルモンはこうすればガンガン出る!  > 3ページ目
印刷

男こそアンチエイジング!

男性ホルモンはこうすればガンガン出る!

ニンニク、タマネギ、ウリ類が男に効く

 伊藤和弘=フリーランスライター

さまざまな刺激がテストステロン値を高める!

 性格や職業選択といったメンタル面にまで影響を与えることが分かってきたテストステロン。そこで提案したいのが、プライベートタイムの過ごし方だ。

3.運動

 運動で筋肉に刺激を与えると、テストステロン値が高くなることが確認されている(Metabolism.1996 Aug;45(8):935-9)。ジョギングなどの「有酸素運動」とマシンなどを使った「筋トレ」、どちらも効果的。前回触れたように、太るとテストステロン値は低くなる。ぜひ、カラダを動かす習慣を。

4.友達に会う

 友達と会うことでストレスが解消され、テストステロン値も高くなる。学生時代の友人など、気の置けない関係がベスト。リラックスして付き合えるし、現在抱えている仕事の悩みを忘れられる。ただし、深酒は逆にテストステロン値を下げてしまうので要注意だ。

5.習い事

 仕事とまったく関係ない「習い事」もテストステロン値を高めるにはいい。気分転換にもってこいだし、異業種の人との出会いは刺激を与えてくれる。ワクワク感が強いほどテストステロン値も高まるし、長く続けられるので、女性が多いサークルのほうが望ましい。

 気になる人は、自分のテストステロンの値を確認しておくといいだろう。帝京大学医学部附属病院(東京都板橋区)や聖路加国際病院(東京都中央区)など、泌尿器科に「メンズヘルス外来」を設けている病院に行けば、テストステロン値を測ってもらえる。

 最も手軽で、自分でわかりやすいバロメーターは「朝立ち」だ。男性諸氏には言うまでもなく、朝立ちはあくまで機械的な勃起で、性欲や性的興奮とは関係ない。良質な睡眠、充分なテストステロンの量、過度なストレスがない、動脈硬化が進んでいない――。正常な朝立ちには、以上の条件がそろうことが必要になる。毎日ピンピンになっていれば、まず心配ないだろう。

 「年齢にもよるが、40代で1週間朝立ちがなければ問題がある。泌尿器科で診てもらった方がいい」と堀江教授はアドバイスする。

(イラスト:うぬまいちろう)

■男性ホルモン関連の人気記事
男性ホルモンで認知症を抑制!?
男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに【エレコム葉田社長】
「やる気が出ない」は男性ホルモン低下のサイン?
男性ホルモンのテストステロン測定で「不調」の原因をチェック
男性ホルモンが増えるスポーツ、減るスポーツ

 今回、教えていただいたのは、
 順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授

 東京大学医学部卒業。東大病院勤務後、米国テキサス州で医師免許取得。2003年に帝京大学医学部泌尿器科学主任教授に就任。12年から順天堂大学医学部・大学院医学研究科教授。日本泌尿器科学会指導医。日本抗加齢医学会理事。一般向けの著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『ササッとわかる男性機能の不安に答える本』(講談社)など。

日経トレンディネット2013年04月26日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.