日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 仕事力に影響する!? あなどれない「ドライアイ」
印刷

男こそアンチエイジング!

仕事力に影響する!? あなどれない「ドライアイ」

メタボや運動不足の人は要注意

 伊藤和弘=フリーランスライター

歳を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは「ドライアイ」。頭痛や肩こりはもしかしたらドライアイが原因かもしれない。目が乾いていると感じている人は要チェックだ。

 最近よく聞く「ドライアイ」とは、涙に異常が生じて、文字通り目が乾く病気。涙の分泌量が減る「量的な異常」と、涙が乾きやすくなる「質的な異常」がある。

 放っておいても失明することはないが、「目の痛み、頭痛や肩こりなど不快な症状に悩まされ、仕事の効率にも影響する」とドライアイ研究会世話人代表を務める慶應義塾大学医学部眼科学教室坪田一男教授は言う。また、一定の時間内で視力の変動を見る「実用視力」が落ちることもわかってきた。視力が不安定になるので、車の運転などは危険だ。

 約600人の医師や研究者が参加するドライアイ研究会では、「涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う」と定義。(1)涙液の異常 (2)角結膜上皮障害 (3)自覚症状のうち、3つすべてに該当する人を「ドライアイ確定」、2つ当てはまる人を「ドライアイの疑い」としている。

 正式には医師に診てもらう必要があるが、大まかな診断は自分でもできる。坪田一男教授によると、「普通の人は1分間に20回前後まばたきをするが、ドライアイだと40回くらいに増える。また、10秒間目を開けていられなければドライアイと考えていい」という。「実用視力&ドライアイ測定」という無料のアプリもあるので、iPhoneユーザーはぜひ試してほしい。

[画像のクリックで拡大表示]
無料のiアプリ「実用視力&ドライアイ測定」(許可を得て転載)

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.