日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男こそアンチエイジング!  > 仕事力に影響する!? あなどれない「ドライアイ」  > 2ページ
印刷

男こそアンチエイジング!

仕事力に影響する!? あなどれない「ドライアイ」

メタボや運動不足の人は要注意

 伊藤和弘=フリーランスライター

オフィスワーカーの3人に2人がドライアイ!

 なぜ涙に異常が生じるのか、原因はさまざまだ。涙は3層に分かれていて、いちばん内側にムチンの層、次に涙液水の層、外側に油の層がある。ムチンとは涙を目の表面に留める粘り気のあるたんぱく質。「ムチンが減れば涙を保持できなくなるし、油が減れば蒸発しやすくなる」と坪田教授。

[画像のクリックで拡大表示]
涙は3層に分かれている。内側からムチン、涙液水、油の層がある(ドライアイ研究会より許可を得て転載)

 受診する患者の半分は50歳以上のため、かつてドライアイは「加齢によって起こる」病気と思われていた。年を取ると起こりやすいのは確かだが、実際は若者にも少なくない。

 2011年の夏、ドライアイ研究会と参天製薬が共同で、大阪市で26~64歳のオフィスワーカー672人を対象に「大阪スタディ」と呼ばれる疫学調査を行っている。専門医の診察によると、上記の診断基準で「確定」が11.6%、「疑い」が54.0%。合計65.6%となり、なんと3人に2人がドライアイ、またはドライアイの傾向があると診断された!

 大阪スタディでわかったことは、潜在患者数の多さだけではない。目とは関係なさそうなメタボ(メタボリック・シンドローム)の人にドライアイが多いこともわかり、注目されている。40歳以上にシルマーテスト(涙の量の検査法。専門のろ紙をまぶたに挟み、5分間で何mm濡れるかを調べる)をした結果、メタボの人は明らかに涙の量が少なかった(下グラフ参照)。

「メタボはドライアイになりやすい」
Br J Ophthalmol.2014;98(3):418-20より
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.